[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

甲子園4度出場も野球が「楽しくなかった」 元巨人・佐藤洋監督の原点にある苦い記憶

今春の選抜高校野球大会出場が有力視されている東北高。昨年8月からチームを率いる佐藤洋監督(60歳)は、東北高時代に春夏計4回甲子園に出場し、プロ野球・巨人で10年間プレーした輝かしい経歴を持つ。たが佐藤は、技術指導や成功体験を伝えることは重要視していない。その理由と、指導者としての原点を探る。(取材・文=川浪 康太郎)

昨年8月から東北高を率いる佐藤洋監督【写真:川浪康太郎】
昨年8月から東北高を率いる佐藤洋監督【写真:川浪康太郎】

東北高校野球部・佐藤洋監督インタビュー第2回

 今春の選抜高校野球大会出場が有力視されている東北高。昨年8月からチームを率いる佐藤洋監督(60歳)は、東北高時代に春夏計4回甲子園に出場し、プロ野球・巨人で10年間プレーした輝かしい経歴を持つ。だが佐藤は、技術指導や成功体験を伝えることは重要視していない。その理由と、指導者としての原点を探る。(取材・文=川浪 康太郎)

 ◇ ◇ ◇

 宮城県石巻市出身の佐藤が野球を始めたのは、小学3、4年の頃。チームには所属せず、友人と公園で遊ぶ程度だったという。中学では軟式野球部に入り、3年時には県大会で準優勝した。大人から指導を受けるというよりは、子どもだけで練習方法を考えるような環境で、「そんなに一生懸命ではなかった」と振り返る。

 ただ楽しかった野球がそうではなくなったのは、東北高に入ってからだった。練習中は水を飲むことさえ許されず、その時間は放課後から深夜まで続く。休みは正月とお盆に2日ほどあるだけで、残りの約360日は野球漬けの毎日。「軍隊みたいで、苦しい練習を乗り越えた者だけが甲子園に出るという時代だった」と回顧するように、当時の高校野球界では当たり前のことだ。とはいえ、「辞めたくて、辞めたくて、毎日嫌で。また今日も練習か、また今日も怒られるなって……本当に楽しくなかったですね」というのが今になって溢れる本音だ。

 文字通り苦しい練習を乗り越え、甲子園の舞台を4回も経験。高いレベルで野球をするなかで、「プロ野球選手になりたい」との思いも膨らんできていた。その目標に大きく近づいたのは、社会人野球の電電東北(現・NTT東北マークス)でプレーしていた時のことだ。電電東北時代は体重が増えたことで長打力が向上。小技を駆使する2番打者だった高校時代から一転、クリーンアップを打つような強打者へと変貌した。

 この頃は全体練習の時間が減り、自主練習に費やす時間が増加。「自分の意志でやって、結果が出る」ことの喜びを知り、小中学生の頃の楽しかった野球を思い出した。

「子どもの頃は大人がいないなか、勝手にルールを覚えて暗くなるまで野球をしていた。野球をするのに大人の力はいらないんじゃないか」

 苦しかった野球も楽しかった野球も財産だが、今の子どもたちに何よりも伝えたいのは、野球の楽しさだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集