[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ「高額な月謝」でも人が集まるのか 日本一を目指す育成クラブの緻密な“価値提供”

幸野健一が創設したFC市川GUNNERSは、月謝を2万6000円に設定している。

幸野健一は保護者への分析映像や個々の面談などを実施し、最高のクラブ環境を目指している【写真:編集部】
幸野健一は保護者への分析映像や個々の面談などを実施し、最高のクラブ環境を目指している【写真:編集部】

【幸野健一が挑む日本のスポーツ文化改革|第5回】少数精鋭のFC市川GUNNERS、保護者への分析映像や個々の面談も実施

 幸野健一が創設したFC市川GUNNERSは、月謝を2万6000円に設定している。

 公共施設等の運営に民間の資金やノウハウを活用するPFI(Private-Financial-Initiative)方式を利用して人工芝のピッチなどを作ったが、ファンドへ返済していくためには高い収益力が求められる。「おそらく日本で一番高い月謝」でも人を集めるには、それに見合った価値を提供する必要があった。

「小学生は1学年16人に限定し、全員を40%以上試合に出す。また3か月間に一度は体の組成を調べ、フィジカルテストを行い、サッカーの各項目を評価した通信簿を手渡して、年に二度は面談をします。今は身体が小さくて弾き飛ばされてしまう子がいても、成長曲線を説明し『大丈夫、まだ4つの成長段階の最初の時期なので、しっかり栄養のある食事を摂らせてください』などと、個々にアドバイスを送っています」

 さらに分析アナリストを雇い、彼が作成したフルマッチや分析の映像を、試合後すぐに保護者専用のYouTubeチャンネルで共有できる。先日幸野は、別の少年団から移って来た子の父親から挨拶をされたという。

「今までは仕事が忙しくて、なかなか子供の試合を見に行くことができず、嫌がる奥さんにビデオを撮らせていたそうです。もちろん、試合をするのも土のグラウンドで、招待大会でチームは優勝しても自分の子供は出ていない。顔では笑っているけれど、心が傷ついていたのは明白だったといいます。でもここでは素晴らしい環境で、必ず試合に出ていて、『この間なんか、ウチの子がヒーローみたいな分析ビデオまで上げてもらって、親戚中に配ってしまいました。5万円払っても安いくらいです』と感謝されました」

 一方クラブには、明確な育成メソッドとプレーモデルがある。「攻撃」「守備」「攻撃から守備」「守備から攻撃」という4つの局面で、どんなプレーを目指すのか。そしてポジションごとの役割が明確に記され、指導者が変わっても共有されていく。

「これは言わばショートケーキの土台です。天辺の部分ではコーチの裁量があっても良いけれど、土台が揺らいではいけない。僕もスペインでセルタやバジャドリードのプレーモデルや育成メソッドを見せてもらいましたが、やはりクラブとして物凄い蓄積がありました。ところが日本では、ほとんどのクラブで肝心な土台がない。これでは免許もないのに運転をさせているようなものです」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集