[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

朝練、球拾い、応援団… 元スペイン代表GKが唖然、日本の育成年代に抱いた疑問

3年前、幸野健一は自ら創設したFC市川GUNNERS(当時アーセナルサッカースクール市川)に、元スペイン代表GKのリカルド・ロペスをテクニカルディレクターとして招聘した。1年間の滞在で、ロペスは日本の事情に直面し様々な疑問を発し続けた。幸野には想定内のことばかりだったが、周りの関係者たちには新鮮な発見でもあった。

元スペイン代表GKとしても活躍したリカルド・ロペス【写真:Getty Images】
元スペイン代表GKとしても活躍したリカルド・ロペス【写真:Getty Images】

【幸野健一が挑む日本のスポーツ文化改革|第3回】2017年にリカルド・ロペス氏を招聘、再確認できた“世界基準”

 3年前、幸野健一は自ら創設したFC市川GUNNERS(当時アーセナルサッカースクール市川)に、元スペイン代表GKのリカルド・ロペスをテクニカルディレクターとして招聘した。1年間の滞在で、ロペスは日本の事情に直面し様々な疑問を発し続けた。幸野には想定内のことばかりだったが、周りの関係者たちには新鮮な発見でもあった。

「何よりリカルドがここで伝えてくれたのはパッションです。本人も日本代表コーチ(2014~16年)を務めて、日本を凄く気に入り、残って貢献したい希望を持っていました。実際彼がいてくれたことで世界基準を確認できたし、彼が残してくれたものをベースにクラブの育成メソッドやプレーモデルを作っているところです」

 幸野はよくロペスと食事をともにしたが、珍しく立て続けに誘いを断ったことがある。

「ごめん、今日はクラブユースの会議がある」
「クラブユース? 昨日やったじゃないか」
「昨日はU-15で、今日はU-18だ」
「ええ? スペインではU-9からU-18まで一緒だぞ」

 幸野が日本の「6-3-3」制の学校の仕組みを説明すると、ロペスは目を丸くした。

「じゃあ、日本の子供たちは、18歳までに3回もチームが変わるのか?」
「標準的にはそういうことになる」
「そんなにコロコロ指導方針が変わっていて、よく選手たちはやっていられるな」

 高体連のチームがFC市川GUNNERSへ試合に訪れると、球拾いの下級生も帯同してきた。「なぜ全員試合に出さないのか?」という問いに、監督が「3年後に結果を出すから」と答えると、ロペスは怒り出してしまった。

「あの指導者の責任の範囲は3年間しかないのか! 選手生活は、その前もその後もあってつながっている。1、2年生も平等に成長させていれば、もっと世界レベルの選手がたくさん出てくるはずだ。君たち(日本人指導者)はそれに気づいていない」

 ロペスは高校サッカー選手権のスタンドの光景を見て、怪訝そうに幸野に尋ねてきた。ピッチ上の選手と同じユニフォームを着た大勢の選手たちが応援していたからだ。

「あれは応援団なのか?」
「選手だよ」
「どうしてスタンドにいるんだ? なぜ日本はチームに人数制限をしないんだ? 欧州のクラブはみんな20人程度に制限しているぞ」
「たぶん、そんなことをしたら学校は潰れる」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集