[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日大ラグビー部変革のカギ 菊谷崇HCと主将・平坂桃一が考える「主体性」とは何か

選手たちには自分で考え、行動する力を求める菊谷HC(中央)【写真:荒川祐史】
選手たちには自分で考え、行動する力を求める菊谷HC(中央)【写真:荒川祐史】

菊谷HCの就任会見報道を見て「背筋が凍りました(笑)」

――菊谷さんが新HCになると知った時の反応は?

平坂:日大は3年連続ベスト8なので、4強の壁を越えるには新しい風が必要だと感じていました。だから、期待感でワクワクしましたね。菊谷さんは2011年W杯で主将として日本代表を引っ張っていた。その印象が強かったです。

菊谷:ありがとうございます!(笑)

平坂:本当に驚きで、まさか、でした。

菊谷:不安じゃなくて、本当にワクワクしたの?

平坂:不安もちょっと……。就任記者会見の言葉にパンチがあったので。

菊谷:「地獄を……」の部分でしょ。

平坂:はい。僕は会見場には行けずに、ネット記事をチェックしたら見出しに「地獄を味わってもらおうかな」と書かれていて。それを見た瞬間、「あ、やっぱり地獄なんだ……」と背筋が凍りました(笑)。

菊谷:メディアの皆さんはいろいろな捉え方をするな、と(笑)。とは言うものの、一人歩きした言葉が刺激的で、学生にはいい影響を与えたんじゃないかと思います。

平坂:確かに、お会いする前から覚悟はできていました。実際にここまでは、キツいけど楽しく練習できています。

菊谷:ハードルが上がってましたからね(笑)。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集