[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「後ろ向きに漕ぐから見えない世界にいける」 “ボートの鉄人”が高校生に贈るエール

「インハイ.tv」と全国高体連が明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」。21日はオリンピック5大会連続出場の経歴を持つ、ボートの武田大作が登場。インターハイが中止となった全国のボート部員に向け、オンライン授業を行った。

「オンラインエール授業」に登場したボートの武田大作
「オンラインエール授業」に登場したボートの武田大作

「オンラインエール授業」で五輪5大会連続出場の“鉄人”が夢授業

「インハイ.tv」と全国高体連が明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」。21日はオリンピック5大会連続出場の経歴を持つ、ボートの武田大作が登場。インターハイが中止となった全国のボート部員に向け、オンライン授業を行った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 この「オンラインエール授業」は、インターハイ実施30競技の部活動に励む高校生とトップアスリートらが、「いまとこれから」をオンラインで話し合う企画。これまで、ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、卓球の水谷隼、サッカーの仲川輝人、佐々木則夫さんらが講師を務め、高校生たちが今、抱く想い、悩みに寄り添いながら、未来に向かって激励してきた。

 第24回の講師は、46歳の今も地元・瀬戸内海を拠点に競技を続ける「ボートの鉄人」武田大作。日本代表として96年アトランタ大会から5大会連続でオリンピックに出場し、シドニー、アテネでは6位入賞。2000年には、軽量級クォドルプル(4人乗り)で、日本ボート界初の世界選手権優勝を飾った。

 武田がボートを始めたのは高校入学後。「アウトドアスポーツを始めたかった」という彼は「海か山か」の選択で迷った。

「僕は山育ち。海に行きたかったので、高校のボート部が瀬戸内海で活動することを知り、ボートか登山かで悩みました。部活の初日にボートに乗ったとき、『あ、この競技は面白い』と感じた。その瞬間、この競技をやろう、と思いました」

 しかし、当時の武田は小柄で痩せっぽち。身長164センチ、体重42キロの体では、ボートを漕ぐことさえできなかったという。

「1年のときの目標は補欠からの脱却。『コックス(舵手)にならないか?』と言われたが、漕手になりたかったので、イヤだイヤだ、とゴネ続けました。

 練習自体は苦痛でしたが、とにかくボートが好きだった。顧問の先生やコーチのOBの方に常々言われたのは『人からの指示ではなく、自分で動け』ということ。顧問はボートの専門家ではなかったが、『好きで選んだんだから、必死にやるのは当然じゃない?』という感じだった。先生もOBもすごくよかったので、僕は恵まれていました」

 好きなことを、好きなだけ、思いのままに没頭する。その熱量で腕を磨き、2年生で漕手に、3年時には「全国で戦う」という目標を達成。男子シングルスカルでインターハイ5位の成績を残し、本格的に「想定外」(武田)の長い、長い、競技人生のスタートを切った。

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集