[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大怪我で「落ち込んだのは1日だけ」のワケ JリーグMVP仲川輝人から高校生へのエール

JリーグMVPのストライカーが“先生”になった。サッカー横浜F・マリノスの日本代表FW仲川輝人が25日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。「悲しんでいる高校生に少しでも勇気、励みになることができれば」と、インターハイが中止となった全国のサッカー部50人に向け、夢授業を行った。

「オンラインエール授業」に登場した横浜F・マリノスの仲川輝人
「オンラインエール授業」に登場した横浜F・マリノスの仲川輝人

横浜FMの日本代表FWが「オンラインエール授業」で高校生50人と交流

 JリーグMVPのストライカーが“先生”になった。サッカー横浜F・マリノスの日本代表FW仲川輝人が25日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。「悲しんでいる高校生に少しでも勇気、励みになることができれば」と、インターハイが中止となった全国のサッカー部50人に向け、夢授業を行った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 仲川が登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。村田諒太、川口能活さん、佐々木則夫さんら、現役、OBのアスリートが各部活の生徒たちを対象に授業を行ったが、第9回は現役のサッカー日本代表が登壇した。

 高校時代は川崎のユースチームで過ごした仲川。専大を経て、横浜F・マリノス入りすると、2度のレンタル移籍で着実に成長し、昨シーズンは15得点でチームを15年ぶりの優勝に導き、得点王を獲得。JリーグMVPに輝いたほか、27歳にして日本代表に初選出された。冒頭で明かしたのは、高校時代のエピソード。身長161センチという小柄な点取り屋の飛躍の原点があった。

 夢は日本代表でプレーすること。しかし、当時から背が小さく、入学当初は特にフィジカル面で苦労したという。意識したのは「自分の特長を理解すること」だった。仲川の場合は抜群のスピード。小さくても速ければ、大きな相手を置き去りにできる。「自分の感覚、間合いをつかんで自分の『速さ』を『強さ』に変えた。自信がついてプレーできるようになった」と振り返る。

 もう一つ、高校生にとって大切な話は大学4年で負った右膝前十字靭帯断裂などの大けが。「大学No.1ストライカー」と呼ばれ、夢のプロ入りを間近に控えていた10月の出来事。さぞ、傷ついたのではないか。しかし、本人は「落ち込んだのは1日だけ。翌日だけ、家でしょぼーんとしていたかな」と笑う。いったい、なぜだったのか。

「その翌日には、いかに早く練習ができて、サッカーができる体に戻せるかを考えていた。ずっと落ち込んでいても、何も状況は変わらない。すぐに切り替えること。試合で失敗した時も一緒。失敗することはいいことだと思うし、次の成功にどうつなげていくかを考えながら、今もやっている。怪我をした時も、怪我する前よりひと回りパワーアップすることを目標にしていた」

 今は新型コロナウイルスの感染拡大により、練習、試合ができない高校生。それでも、状況は違えど「ずっと落ち込んで何も変わらない」という言葉は、明日を見つめているサッカー部員たちにまっすぐに届いた。続いて行われた質問コーナーでも、Jリーグを代表するストライカーとあって、次々に高校生から手が挙がった。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集