[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「もがくことから逃げないで」 川口能活&那須大亮が高校生に届けた「エール」の意味

最後の夏を失ったサッカー部員へ、偉大な“先輩”の2人が熱いエールを贈った。サッカー元日本代表GK川口能活さんとアテネ五輪日本代表の那須大亮さんが27日、「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。インターハイが中止となった高校生に向け、「もがくことから逃げないで。半歩でもいいから、前に進もう」と背中を押した。

「オンラインエール授業」に登場した川口能活さん(左)と那須大亮さん【写真:編集部】
「オンラインエール授業」に登場した川口能活さん(左)と那須大亮さん【写真:編集部】

川口能活さん、那須大亮さんが「オンラインエール授業」で高校生120人と交流

 最後の夏を失ったサッカー部員へ、偉大な“先輩”の2人が熱いエールを贈った。サッカー元日本代表GK川口能活さんとアテネ五輪日本代表の那須大亮さんが27日、「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。インターハイが中止となった高校生に向け、「もがくことから逃げないで。半歩でもいいから、前に進もう」と背中を押した。

 オンラインで120人の高校生の心が一つになった。川口さんと那須さんが登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうというもの。4月26日の中止決定からちょうど1か月となった前日(26日)の第1回・村田諒太に続き、第2回となるこの日はサッカー界を代表して2人が“先生”になった。

 最初に伝えたのは汗を流し、ボールを追いかけた青春の日々だった。川口さんは静岡の清水商(現・清水桜が丘)と、那須さんは鹿児島の鹿児島実という高校サッカーの名門出身。同じようにインターハイ出場を目指し、ともに週6日の練習に励んでいた。

川口「僕はサッカー一筋でしたね。サッカー漬けの毎日。朝練は7時から。その後は授業があり、終わったら部活。休みは月曜。それ以外はサッカー漬けの高校生活を送っていました」

那須「僕も高校生活はほぼサッカーです。住まいも下宿。朝練があり、授業が終わったら部活があり、その後は自主練。一日フルに練習する。月曜以外はサッカー漬けの毎日でした」

 強豪校ならではのハードな練習。そんな中でも成長するため、大切にしていたのは「目標設定」だった。川口さんは4つの目標を紙に書き、自室の壁に張った。「1.チームでレギュラーになる 2.県選抜に選ばれる 3.アンダー世代の日本代表に選ばれる 4.冬の全国選手権に優勝する」――。いつも、決意を込めた1枚の紙を見てモチベーションを高め、練習に飛び出していったという。

 2人の青春時代を知った高校生だったが、新型コロナウイルス感染拡大により、史上初のインターハイ中止が決定。夏の目標にしてきた舞台を奪われた。質問コーナーでは、高校生から「練習で苦しくなったり、チームが苦しくなったりした時はどうしていますか?」と声が上がった。すると、那須さんは「今は苦しい? 大会、試合ができないから?」などと問いかけ、心中を慮った。

「苦しい、つらい気持ちを絶対に忘れないでほしい。その気持ちを持つことは悪いことじゃないので、ネガティブな方向に持っていかない。今、感じているのはすごく大切な感情だから。でも、『苦しい、つらい』から学び・支えにしようと思う努力をすると、自分の行動が変わる。今は素直な気持ちを言うことはいい。でも、ここで立ち止まってしまうと、目標の遠回りになるから」

 大切なことは、今の自分から逃げず、否定せず、まっすぐに向き合うこと。その上で、発想を変えていく必要性を訴えかけた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集