[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

浅野拓磨、母校・四日市中央工戦を観戦 敗退の弟にエール「この経験が財産になる」

第98回全国高校サッカー選手権は5日、準々決勝が都内2会場で行われた。駒沢陸上競技場では四日市中央工(三重)が矢板中央(栃木)に0-2で敗れた。四日市中央工OBの日本代表FW浅野拓磨(パルチザン)も応援に駆け付ける中、4強入りを目指したが届かなかった。

スタンドから母校の試合を見守った浅野拓磨【写真:宮内宏哉】
スタンドから母校の試合を見守った浅野拓磨【写真:宮内宏哉】

弟・快斗が後半出場も矢板中央に0-2で敗戦、4強ならず

 第98回全国高校サッカー選手権は5日、準々決勝が都内2会場で行われた。駒沢陸上競技場では四日市中央工(三重)が矢板中央(栃木)に0-2で敗れた。四日市中央工OBの日本代表FW浅野拓磨(パルチザン)も応援に駆け付ける中、4強入りを目指したが届かなかった。

 試合は前半、矢板中央FW多田圭佑(3年)に2点を奪われる苦しい展開。後半から浅野の弟・快斗(3年)を投入するなど打開を図ったが、追いつくことはできなかった。

 1回戦の日大明誠(山梨)戦も観戦に訪れ、以降はテレビで試合を見守っていたという兄・拓磨は「この経験は彼らの財産になると思うし、ベスト8まで来たことが純粋にすごいことだと思う」と後輩イレブンの健闘を称えた。

 途中出場した弟に対しては「この経験が財産になると思う。悔しさとかここまで来た喜びを、これからの自分の成長につなげていってほしい」と労った。まもなく日本を発つというジャガー。後輩たちから大きな刺激を受け、今年も世界と戦う。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集