[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪女王シェルバコワ、ワリエワ騒動は「確実に影響なかった」 平常心保てた理由とは

北京五輪のフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したアンナ・シェルバコワ(ROC)。母国ロシアで、大会を終えた心境を語っている。同国から出場した15歳カミラ・ワリエワのドーピング騒動もあったが「報道にあったことは何も影響しなかった」とも明かしている。ロシア放送局「ロシアトゥデー」が報じている。

北京五輪で金メダルを獲得したアンナ・シェルバコワ【写真:AP】
北京五輪で金メダルを獲得したアンナ・シェルバコワ【写真:AP】

金メダル獲得後の心境を母国で明かす

 北京五輪のフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したアンナ・シェルバコワ(ROC)。母国ロシアで、大会を終えた心境を語っている。同国から出場した15歳カミラ・ワリエワのドーピング騒動もあったが「報道にあったことは何も影響しなかった」とも明かしている。ロシア放送局「ロシアトゥデー」が報じている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 同局はロシア・フィギュアスケート連盟のインタビューに答えたシェルバコワの言葉を伝えている。北京五輪ではショートプログラム(SP)2位からフリーで175.75点、合計255.95点を記録して金メダルを獲得した。大会期間中、同門のワリエワが昨年12月のドーピング検査で陽性反応を示したことが判明。スポーツ仲裁裁判所(CAS)が今大会の出場継続を認めたため演技したが、世界に波紋が広がった。

 そんな中でもシェルバコワは平常心を保ったようだ。「報道にあったこと(ワリエワの騒動)は私のトレーニングには確実に何も影響しませんでした。ミックスゾーンでも特に何もなかったですし、落ち着くことができていました」と語り、理由については「多分私は準備が出来ていたんです。シニアに転向して3年目。様々な大会に出場していましたから」と経験が活きたとも明かしている。

「私が感じていたストレス、驚き、ショックはゼロです。不安になるようなシチュエーションは無く、精神的に準備できた状態でこの大会に臨むことができました」とメンタル面の強さも伺わせた17歳。子供の頃、五輪優勝を夢としていた訳ではなかったとも明かしつつ「夢は現実に起こり得るとなったときに、目標になるんだと思います。今季、私は調子が良かったし、(ROCの)代表権も獲得できました。その瞬間に(五輪優勝が)目標になりました」とも語っている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集