[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑、安堵の銀「いやぁ~、嬉しいです」 4年間の成長に満足感「勉強になった」

北京五輪は12日、ノルディックスキー・ジャンプ男子の個人ラージヒル決勝が行われ、ノーマルヒル金メダルの25歳・小林陵侑(土屋ホーム)が292.8点で銀メダルを獲得した。ジャンプでは日本人初の五輪個人種目2冠の期待が高まっていた種目。個人2冠は「鳥人」と呼ばれたマッチ・ニッカネン(フィンランド)など、世界でも過去3人(4度)しか達成していない偉業だったが、あと一歩及ばなかった。

ラージヒルで銀メダルを獲得し、セレモニーで笑顔を見せた小林陵侑【写真:AP】
ラージヒルで銀メダルを獲得し、セレモニーで笑顔を見せた小林陵侑【写真:AP】

男子個人ラージヒル決勝

 北京五輪は12日、ノルディックスキー・ジャンプ男子の個人ラージヒル決勝が行われ、ノーマルヒル金メダルの25歳・小林陵侑(土屋ホーム)が292.8点で銀メダルを獲得した。ジャンプでは日本人初の五輪個人種目2冠の期待が高まっていた種目。個人2冠は「鳥人」と呼ばれたマッチ・ニッカネン(フィンランド)など、世界でも過去3人(4度)しか達成していない偉業だったが、あと一歩及ばなかった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 小林は1本目に142.0メートルの最長不倒で147.0点をマーク。大ジャンプで着地直後に胸を叩いて絶叫した。2位に2.2点差の全体1位。「もう一本あるので集中したいです。自分の満足できるジャンプをしたい」と語り、2本目に向かった。2本目はヒルサイズ手前で着地。138.0メートル、145.8点で2位と発表されると、仲間とグータッチを交わした。

 金メダルは1本目2位だったマリウス・リンビク(ノルウェー)、銅メダルはカール・ガイガー(ドイツ)。表彰式では3人で肩を組み、グータッチを交わすなど健闘を称え合った。小林はテレビインタビューで「いやぁ~、嬉しいです」と安堵した様子。「2本ともいいジャンプをできたと思うので」と笑顔を見せた。直前でリンビクが大ジャンプを飛んだことには「歓声が上がっていたので緊張した」と振り返り、満足げにこう続けた。

「1回目はタイミング、風も落ち着いて凄くよかった。2回目はちょっと空中でバタついた気がした。でも、自分にできることはできたのでよかったです。普段のW杯でも見られないくらい熱い戦いだったと思う。本当に勉強になったというか、前回五輪から凄く成長できた自分がいて、本当に周りの人、今まで出会った人が欠けたら獲れなかったと思うので、凄く充実した4年間になった。団体戦もビッグジャンプを見せたい」

 11日の予選を9位通過。日本ジャンプで五輪のメダルを一大会に2つ獲得したのは、14年ソチ五輪ラージヒル銀、男子団体銅で、小林が「師匠」と呼ぶ葛西紀明以来8年ぶりとなった。

 6日のノーマルヒルで金メダルを獲得。1998年長野五輪男子ラージヒルの船木和喜氏以来、日本勢24年ぶりのジャンプ個人金メダルだった。7日の混合団体では高梨沙羅(クラレ)のスーツ規定違反による失格があったものの、チーム一丸となって奮闘。小林の大ジャンプなどで日本は4位に入った。

 14日の男子団体(ラージヒル)でもメダルの期待が高まっている。日本勢の中村直幹は15位、小林潤志郎は24位、佐藤幸椰は29位だった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集