[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

演技後に花を拾う子供たちって誰? フィギュアスケートの「フラワーキッズ」の正体

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や恩師の知られざるストーリーや意外と知らない競技の知識など、五輪に新たな“見方”を届ける特集「オリンピックのミカタ」を展開。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアスケートを好きな人はもっと好きに、知らない人は初めて好きになる17日間」をテーマに連日記事を配信し、競技の“今”を伝え、“これから”を考える。

平昌五輪、羽生結弦の演技後にリンクへ降り注いだ「くまのプーさん」を拾うフラワーキッズたち【写真:Getty Images】
平昌五輪、羽生結弦の演技後にリンクへ降り注いだ「くまのプーさん」を拾うフラワーキッズたち【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#13 中野友加里が答える「17のギモン」

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や恩師の知られざるストーリーや意外と知らない競技の知識など、五輪に新たな“見方”を届ける特集「オリンピックのミカタ」を展開。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアスケートを好きな人はもっと好きに、知らない人は初めて好きになる17日間」をテーマに連日記事を配信し、競技の“今”を伝え、“これから”を考える。

 元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な17のギモンに答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。2問目は「演技後に花を拾う子供たちって誰?」。

 ◇ ◇ ◇

 フィギュアスケートの演技後に投げ込まれるプレゼント。前回の平昌五輪で羽生結弦が滑り終えた後には代名詞である「くまのプーさん」のぬいぐるみが雨のように降り注ぎ、銀盤が黄色く染まった。

 それを回収していたのが、小さな女の子たち。五輪に限らず、多くの大会で彼女たちの出番がある。

「彼女たちはフラワーガールと呼ばれ、私にとっては未来のヒーローやヒロインです」

 中野さんがこう言う通り、実は浅田真央のように子供の頃に経験した名スケーターも多い。中野さんもその一人。名古屋で開催された国際大会、グランプリ(GP)シリーズのNHK杯で小学生時代に経験した。

「地元開催だったこともあり、名古屋で所属しているクラブに打診があり、対象年齢にも入っていたので参加できました。投げ込まれたプレゼントを回収するのが大切な仕事。その時に必ず言われるのが、次の選手がすでにウォーミングアップをしているので、邪魔にならないこと。拾ってリンクサイドに戻る時はなるべくフェンスよりの外から帰ってくることなど注意点があります。また投げ込まれた弾みで花びらが落ちたり、まれに前の選手の髪飾りなどが落ちたりします。リンク上に目を配り、次の選手に危険がないように掃除をする役割もあります」

 主要大会は会場で花が販売され、多くのファンから投げ込まれる。

「私は怒られてしまったミスがあります。ファンの皆さんは観覧席から花を投げるのですが、リンクまで届かず、フェンス外のエリアに落ちてしまうことがあります。まだ小学生だった私はどうしたらいいか分からず、自分でリンクに投げてしまい、『ファンの方が投げたものだから、あなたが氷の中に入れてはいけない』と。そんなこともあり、選手と同じリンクに立つので、とても緊張していたことを覚えています」

1 2

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集