[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

課題は「記事のコメント欄」 羽根田卓也が男性側の視点で語る「アスリートの容姿報道」

スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。カヌーのリオ五輪銅メダリスト・羽根田卓也(ミキハウス)は18歳で単身、カヌーの強豪スロバキアに渡り、日本で自らスポンサー営業も行うなど、競技の第一人者として道を切り開いてきた経験や価値観を次世代に伝える。

「アスリートの容姿報道」についてカヌー・羽根田卓也が率直な考えを語った【写真:荒川祐史】
「アスリートの容姿報道」についてカヌー・羽根田卓也が率直な考えを語った【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER スペシャリスト論」カヌー・羽根田卓也

 スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。カヌーのリオ五輪銅メダリスト・羽根田卓也(ミキハウス)は18歳で単身、カヌーの強豪スロバキアに渡り、日本で自らスポンサー営業も行うなど、競技の第一人者として道を切り開いてきた経験や価値観を次世代に伝える。

 今回のテーマは「アスリートの容姿報道と誹謗中傷」前編。近年、アスリートを競技と関係ない容姿で切り取る報道が問題視されている。羽根田はリオ五輪でメダル獲得以降、「ハネタク」の愛称で親しまれ、イケメンアスリートの代表的存在に。女性誌に登場した経験も持つ。この問題は女性側の視点で語られることが多いが、男性である羽根田はどう感じるのか。率直な考えを語った。(聞き手=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

――最近、スポーツを容姿で切り取る、いわゆるルッキズム的な報道が課題とされています。女性の「美人すぎる○○選手」は典型ですが、男女問わず起こり得るもの。アスリートの立場として、羽根田選手はどう感じていますか?

「競技を通して容姿を取り上げられること自体はネガティブなことではないと思います。誰もが競技で取り上げてほしいし、自分の競技をリスペクトしてほしい。それは当たり前の感情。でも、必ずしも全員が取り上げてもらえるわけでもない。取り上げてもらうことに価値があると思います。僕は今まで目に留めてさえもらえなかったカヌーを皆さんに伝えることに必死で、ビジュアルだろうが容姿だろうが、何であってもまず取り上げてもらうことが自分の使命だと決めました。五輪のメダルというのも取り上げてもらうという点に関しては結局、一過性のものなので、競技がリスペクトされる範囲であれば他の要素も受け入れようと思っていました」

――羽根田選手は名前の前に「イケメン」の4文字がつく男性アスリートの一人です。あまり抵抗感はありませんでしたか?

「そう表現される人が嫌なのは、表現された記事につくコメントなどで嫌な思いをするケースがあるからではないしょうか。『綺麗すぎる○○』と表現され、『別にそこまで綺麗じゃないし』とコメントがつく。それは必ず本人の目に入ってしまうので、自己のメンタルヘルスを守るために拒否反応としてあるのかもしれません。私生活で綺麗、カッコイイと言われたら、普通は嬉しい。ただそれをメディア露出の手段として割り切れる選手とそうじゃない選手の境界線が存在すると思います」

――羽根田選手もリオ五輪で銅メダルを獲ってから、競技以外のファッションや私生活など、あらゆる報じられ方をしましたが、当時はカヌーが世に出るのであればOKという感覚だったのでしょうか?

「何でもOKというわけではなく、品位を損なう露出の仕方はしないようにと気を付けました。大切なことは自分がどこに向かいたいか、どう歩を進めたいか。アスリートと一緒くたにしても、それぞれに目指すべき方向性がある。競技一筋で世界の頂を目指す人もいれば、競技をしながら露出をして競技の普及を目指したい人もいる。競技と露出にバランスを取って、どんな存在であり、どんな影響を社会にもたらしたいかは見つめ直して、この問題に向き合うべきだと思います。

 本当に取り上げて欲しくないなら、取り上げられないように気をつけたり、突っぱねたりもできなくはない。僕は結果を出したことがきっかけになり、取り上げてもらうようになった。それを最大限に生かして、カヌーという競技をリスペクトしていただけるような露出を最大限に頑張ってきたつもり。メダルを獲ったことをきっかけにカヌーを皆さんに知っていただけるか否かが今、自分一人の肩に乗っていて、それが今後のカヌー界発展を左右する、という思いがありました。

 取り上げてもらうことの意味、ありがたみをもっと分かってほしいと感じることはあります」

1 2

羽根田 卓也

リオ五輪カヌー銅メダリスト THE ANSWER スペシャリスト

1987年7月17日生まれ。愛知・豊田市出身。ミキハウス所属。元カヌー選手だった父の影響で9歳から競技を始める。杜若高(愛知)3年で日本選手権優勝。卒業後にカヌーの強豪スロバキアに単身渡り、スロバキア国立コメニウス大卒業、コメニウス大学院修了。21歳で出場した2008年北京五輪は予選14位、2012年ロンドン五輪は7位入賞、2016年リオ五輪で日本人初の銅メダル獲得。以降、「ハネタク」の愛称で広く知られる存在に。東京五輪は10位。2022年1月、パリ五輪を目指し、現役続行することを表明した。175センチ、70キロ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集