[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

その時、自分にとって何が一番大切か 視覚障がい者柔道・廣瀬順子のマイルール

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは女子57キロ級で銅メダルを獲得し、2021年の東京パラリンピックでは同5位に入賞した、視覚障がい者柔道の廣瀬順子選手。夫で同じく視覚障がい者柔道の男子90キロ級代表、悠(はるか)選手とともにパラリンピック2大会連続出場を果たしたことでも知られている。

2021年の東京パラリンピックでは同5位に入賞した、視覚障がい者柔道の廣瀬順子選手【写真:近藤俊哉】
2021年の東京パラリンピックでは同5位に入賞した、視覚障がい者柔道の廣瀬順子選手【写真:近藤俊哉】

夫・悠選手と夫婦揃ってリオ、東京とパラリンピック2大会連続出場

 2016年のリオデジャネイロオリンピックでは女子57キロ級で銅メダルを獲得し、2021年の東京パラリンピックでは同5位に入賞した、視覚障がい者柔道の廣瀬順子選手。夫で同じく視覚障がい者柔道の男子90キロ級代表、悠(はるか)選手とともにパラリンピック2大会連続出場を果たしたことでも知られている。

【前編】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

【後編】東京から未来へ繋ぐレガシー 視覚障がい者柔道選手が伝えたいこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 2024年のパリ大会に向けて、すでに始動している廣瀬選手だが、東京大会後はしばらく柔道から離れた時期があったという。

「1か月くらいは全く柔道着を着ずにお休みして、ちょっとゆっくりしました。東京パラリンピックが終わって力が抜けたのと、3位決定戦で負けた悔しさがすごくあって、ちょっと柔道とどう向き合おうか考えた期間がありました」

 柔道との向き合い方を考えた期間には、「柔道を続けるか続けないか」という究極の選択についても考えたという。それというのも「元々は東京で辞めようかと思っていたんです」と言葉を続ける。

「ただ、3位決定戦の試合がすごく悔しくて、もう少し柔道を続けたい気持ちが沸いてきて。年齢も年齢ですし、結婚もしているので、子どもがいつか欲しいということもあり、その2つですごく悩みました」

 東京大会の3位決定戦は、過去3戦全敗しているジェイネプ・ジェリク(トルコ)と対戦し、先に技ありを奪いながらも追いつかれ、延長で技ありを決められて敗れた。一度は掴みかけた勝利。勝てたかもしれないという手応えが、競技への想いを強くした。

 同時に、今年で32歳。出産という女性ならではの選択肢について考えるのは、ごく自然なこと。自分の中に沸いた2つの想いに素直に耳を傾け、考え抜いた末に選んだのは現役続行の道だった。

「今は私生活(を優先する)よりも柔道を続けたいという気持ちが強かったので。そういう気持ちがある間は、しっかり競技と向き合おうと思って柔道を続けることにしました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集