[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBC大谷翔平のラストが思い出させた「野球を書く」理由 現地の米記者は子供に戻った

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、日本代表「侍ジャパン」は3大会ぶり3度目の優勝を成し遂げた。大谷翔平投手(エンゼルス)ら一流選手の団結力で掴んだ世界一。「THE ANSWER」では米マイアミで行われた熱戦を現地取材。大会を通じて伝えきれなかった選手、監督の思いや現地でのエピソードを連載「世界一の裏側」として連日紹介していく。

WBC決勝、最終打者のトラウトを三振に抑え叫ぶ大谷翔平【写真:Getty Images】
WBC決勝、最終打者のトラウトを三振に抑え叫ぶ大谷翔平【写真:Getty Images】

WBC優勝記念連載「世界一の裏側」#9、記者席も「子供に戻った」大谷VSトラウト

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、日本代表「侍ジャパン」は3大会ぶり3度目の優勝を成し遂げた。大谷翔平投手(エンゼルス)ら一流選手の団結力で掴んだ世界一。「THE ANSWER」では米マイアミで行われた熱戦を現地取材。大会を通じて伝えきれなかった選手、監督の思いや現地でのエピソードを連載「世界一の裏側」として連日紹介していく。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 第9回は劇的なエンディングとなった決勝での、大谷とマイク・トラウト外野手の対戦を現地で目撃したMLB公式記者の言葉。「信じられない」と驚いた光景は記者席にも広がっていた様子。今大会を通じて感じた野球の魅力についても、現地で直接話を聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部・鉾久 真大)

 ◇ ◇ ◇

 日本が3-2で米国を制し、歓喜に沸いた決勝戦の数時間後。取材を一通り終え、人もまばらになったローンデポ・パークのプレスルームで話を聞きたかった人物を見つけた。MLB公式のマイケル・クレア記者だ。

 東京ラウンドの取材で来日した際に、日本の食や文化を次々とSNSで紹介して話題になったクレア氏だが、マイアミで会話を交わして感じたのはその野球愛の強さ。彼にこの歴史的な一戦について意見を聞きたかった。

 声をかけると真っ先に「優勝おめでとう!」と祝福してくれた。そして決勝の戦い、今大会全体について、幾度も感嘆のため息を漏らしながら、熱く語ってくれた。

「野球ファンなら、これ以上に興奮すること、これ以上を期待することはできないでしょう。今夜だけでなく、この大会全体がそうです。チェコや英国が勝利したり、大逆転劇があったり、素晴らしい試合の後、お互いに敬意を示して拍手したり、礼を交わしたり。野球界全てが1つになったこの華々しい2週間、その締めくくりが1点差ゲームでのショウヘイ・オオタニVSマイク・トラウトだなんて。これは夢です」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集