[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希はベンチで声を枯らした 164kmで衝撃を与えた夜、マイアミの奇跡を信じて

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5で逆転サヨナラ勝ちした。先発の佐々木朗希投手(ロッテ)は初回に164キロを計測するなど圧巻の立ち上がりも、4回に手痛い3ランを被弾。降板後はベンチから声援を送り続けた怪物右腕は「絶対勝ってくれると信じていた」と劇的勝利を喜んだ。

WBC準決勝で先発した侍ジャパンの佐々木朗希【写真:Getty Images】
WBC準決勝で先発した侍ジャパンの佐々木朗希【写真:Getty Images】

メキシコ戦で「Sasaki」がトレンド1位になる注目度

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5で逆転サヨナラ勝ちした。先発の佐々木朗希投手(ロッテ)は初回に164キロを計測するなど圧巻の立ち上がりも、4回に手痛い3ランを被弾。降板後はベンチから声援を送り続けた怪物右腕は「絶対勝ってくれると信じていた」と劇的勝利を喜んだ。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

「バッター陣に助けられて、最高です」

 試合後の取材に応じた令和の怪物・佐々木の声は、かすかに枯れていた。

 現地メディアやファンから大きな関心を集めた米国初登板。立ち上がりは圧巻だった。1番アロサレーナへの第1球から100マイル(約161キロ)を計測。追い込んだ5球目はど真ん中への速球だったが、バットは空を切って三振。102マイル(約164キロ)の場内表示に、ローンデポ・パークは大歓声に包まれた。

 鋭い高速フォークも駆使し、初回は3者凡退の2奪三振。気合の咆哮も見せたが、4回に不運から失点した。2死後、テレスの打席で内野手が一塁寄りに守るシフトを敷いたが、広く空いた三塁線への打球がヒットに。続くパレデスも打ち取った打球だったが、三塁後方にポトリと落ちた。

 続くウリアスへの2球目フォークが抜け、真ん中付近に入ってしまった。左翼席への先制3ラン。うなだれた佐々木はこの回でマウンドを降りた。4回5安打3失点。「(ホームランの場面は)配球は間違っていなかった。投げ切れなかったところが反省点」と悔やんだ。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集