[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本野球は本当に特殊」 五大陸12か国を渡り歩いた野球人・返田岳が行き着いた真実

スイスでプレーしたシーズン中、オーストラリアにて参加した国際トーナメントの休憩中の一コマ。ピンクスカートで仮装する選手もいるなどリラックスした雰囲気【写真:本人提供】
スイスでプレーしたシーズン中、オーストラリアにて参加した国際トーナメントの休憩中の一コマ。ピンクスカートで仮装する選手もいるなどリラックスした雰囲気【写真:本人提供】

五大陸12か国でプレーした中で「日本が一番特殊」

 今回のWBC1次ラウンドで日本と同組に入ったチェコ代表は、消防士や学校の教師など、本職を別に持つ選手が大半だと話題になった。しかし、返田いわくヨーロッパでは当然のこと。「それが普通。いちいち言う必要もないくらい、みんなそう」。基本的にリーグ戦は土日に行われ、平日はそれぞれの仕事に就く。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 また複数ポジションを守れることも当たり前。返田も当初は捕手がメインだったが、渡り歩く国が増えるとともに守れるポジションも増えていった。「キャッチャーはキャッチャー、レフトはレフトと固定されているのは日本くらい」。現在ではチーム事情に合わせ、投手も含めほぼ全てをこなす。

 持ち前のコミュニケーション力、交渉力、環境に適応する能力を生かして12か国でプレーする機会を掴んだ。各国の野球観を知る返田は「一番違ったのは日本ですね」と当然のように語った。

「日本の野球は本当に特殊で、世界の中でもいろいろな意味で類を見ないもの。仕組み、メンタリティ、技術の高低まで、すごく特殊だと思います。日本、韓国、台湾くらいまでは同じようなメンタリティかもしれませんが、日本が一番特殊でした。アジアだけ、他の世界と考え方が違うんです」

 時に野球のために何かを犠牲にすることが美化される日本。無論、海外でも「楽しむためにやるのがスポーツ」の考えばかりではないが、全く違う野球観が広がっているのも事実だ。

1 2 3 4 5
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集