[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、誰も予想できないバント安打! “大谷シフト”で機転、先制点につなげる

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は16日、準々決勝でイタリアと対戦。「3番・投手兼DH」で出場した大谷翔平投手が、3回1死一塁の第2打席で意表を突くセーフティーバントでチャンスを広げた。続く4番・吉田正尚外野手の内野ゴロの間に、日本が1点を先制。さらに岡本和真内野手の左越え3ランも飛び出し、この回4点を奪った。

3回、セーフティーバントを決める侍ジャパンの大谷翔平【写真:荒川祐史】
3回、セーフティーバントを決める侍ジャパンの大谷翔平【写真:荒川祐史】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」準々決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は16日、準々決勝でイタリアと対戦。「3番・投手兼DH」で出場した大谷翔平投手が、3回1死一塁の第2打席で意表を突くセーフティーバントでチャンスを広げた。続く4番・吉田正尚外野手の内野ゴロの間に、日本が1点を先制。さらに岡本和真内野手の左越え3ランも飛び出し、この回4点を奪った。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 大谷のバントが先制点を呼び込んだ。0-0で迎えた3回1死一塁の第2打席。イタリアの2番手ラソーラが投じた初球だ。意表をついてセーフティーバント。イタリア守備陣は全体的に一塁方向へ寄った守備シフトを敷いており、無人となった三塁側を狙った。ラソーラが慌てて処理するも、間に合わず。一塁への送球も逸れて一、三塁と日本のチャンスが拡大した。

 続く吉田が遊ゴロを放ち、その間に三塁走者の近藤がホームイン。さらに6番・岡本の3ランで大谷もホームインした。大谷は2回のマウンドで164キロを計測するなど、投手としては3回まで1安打無失点に抑えている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集