[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

侍J・源田壮亮、負傷心配も打球さばく 右手小指に古田敦也「他の指に比べ影響少ない」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は16日、準々決勝でイタリアと対戦。右手小指の負傷が心配された源田壮亮内野手は「8番・遊撃」でスタメン復帰。3回に華麗に打球をさばき、スローイングもしっかり投じた。

イタリア戦に「8番・遊撃」で出場している侍ジャパンの源田壮亮【写真:Getty Images】
イタリア戦に「8番・遊撃」で出場している侍ジャパンの源田壮亮【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」準々決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は16日、準々決勝でイタリアと対戦。右手小指の負傷が心配された源田壮亮内野手は「8番・遊撃」でスタメン復帰。3回に華麗に打球をさばき、スローイングもしっかり投じた。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 3回先頭のデルジオが放った遊ゴロを、源田はスムーズに捕球して送球。右手小指の負傷が心配されたが、きっちりアウトを奪った。

 源田は10日の韓国戦で負傷交代し、以降は欠場が続いていた。試合を中継したテレビ朝日で解説していた古田敦也氏は「他の指に比べて(影響は)少ない」などと解説していた。

 源田は2回には四球で出塁し、9番・甲斐の打席で盗塁。二塁ベースに滑り込んだ。右手を保護する大きな手袋が装着されていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集