[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野茂の女房役イタリア代表・ピアザ監督 人気CM撮影の裏話「和製英語でやり直した」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準々決勝で16日に日本代表と対戦するイタリア代表が15日、東京Dで公式練習を行った。マイク・ピアザ監督が練習後に会見。過去に来日した当時を振り返り、日本人メジャーリーガーの系譜に敬意を示した。

練習後の会見でコメントするイタリア代表のマイク・ピアザ監督【写真:荒川祐史】
練習後の会見でコメントするイタリア代表のマイク・ピアザ監督【写真:荒川祐史】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」準々決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準々決勝で16日に日本代表と対戦するイタリア代表が15日、東京Dで公式練習を行った。マイク・ピアザ監督が練習後に会見。過去に来日した当時を振り返り、日本人メジャーリーガーの系譜に敬意を示した。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 ピアザ監督は現役時代、1995年に野茂英雄氏がドジャース入りした際の正捕手。強打を誇り、メジャー通算2127安打、427本塁打、打率.308をマークした。米野球殿堂入りも果たした一方、日本企業のCMに出演したほど日本でも人気に。当時は「カモン! ジャストミート!」の台詞などがお馴染みだった。

 この日の会見で、ピアザ監督は当時を懐かしんだ。

「私はかつて、日本のコマツという企業のCMに出演した。撮影の裏話だが、最初『ジャストミート』とネイティブの発音をしたが、和製英語のような発音でやり直した」「ノモとの関係もあって、何度か日本に来たが、最後の私の来日は2000年のMLB日本開幕戦でした。そんなに長い時間か経ったのかとビックリしたね」

 さらにパイオニアとして一世風靡した野茂氏に敬意を示し、日本の野球界について言及した。

「日本人として2人目のメジャーリーガーとなったヒデオ・ノモさんのキャッチャーとしてプレーできたことを今も誇りに思っている。ノモさんの存在が、その後の日本人メジャーリーガーの誕生に大きな影響を及ぼした。イチロー選手ら野手にもチャンスが広がった。オオタニはMLB全体を見渡しても、ベーブ・ルース以来の素晴らしい選手だと思う。私の現役時代にも、打撃のいい投手はいたが、これほど高い数字を残せる選手はいなかった」

 馴染み深い日本との対戦。もちろん、譲るつもりはない。「日本のような強豪と戦う時には守備が重要。大胆なシフトが機能することを願っている」と思い描いた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集