[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国監督の会見2分で終了 屈辱の3大会連続1次R敗退「いい気分ではない…試合後に話す」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は13日、1次ラウンド・プールB(東京D)のオーストラリアがチェコ共和国を8-3で下し、3勝1敗で日本に次ぐB組2位で初の準々決勝進出を決めた。一方、午後7時から中国戦を控える韓国は、既に2敗(1勝)をしていることから3大会連続の1次ラウンド(R)敗退が決まった。イ・ガンチョル監督は試合前の会見に出席したが、わずか2分で会見を終えた。

3大会連続1次R敗退が決定した韓国代表【写真:ロイター】
3大会連続1次R敗退が決定した韓国代表【写真:ロイター】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は13日、1次ラウンド・プールB(東京D)のオーストラリアがチェコ共和国を8-3で下し、3勝1敗で日本に次ぐB組2位で初の準々決勝進出を決めた。一方、午後7時から中国戦を控える韓国は、既に2敗(1勝)をしていることから3大会連続の1次ラウンド(R)敗退が決まった。イ・ガンチョル監督は試合前の会見に出席したが、わずか2分で会見を終えた。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 韓国は2006年の第1回WBCでは準決勝で日本に敗れたものの、08年北京五輪で金メダルを獲得。09年第2回WBCでは決勝で日本と対戦し、延長10回の激闘の末に敗れた。13年第3回WBCと17年第4回WBCでは一転、いずれも1次ラウンドで敗れ、宿敵とされた日本と対戦することはなかった。

 今回は1次Rでは、豪州との初戦で打ち合いのシーソーゲームを演じたが、7-8で敗れた。第2戦の日本戦でも、投手陣が打ち込まれて4-13の大敗。第3戦はチェコを7-3で下し、準々決勝進出に望みを繋いでいたが、試合をすることなく無念の敗退が決まった。

 韓国のイ・ガンチョル監督は中国戦前の会見に出席した。韓国メディアだけで30人ほどが集まり、「最終戦にベストを尽くして勝てるようにします」とコメント。敗退については「いい気分ではありませんが、次の試合がありますので、終了後にそれについてお答えしたい」と話すにとどめた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集