[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBC日本戦の客席を海外称賛 ファンの行動に「私の子もこんな環境で育ってほしい」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は12日、1次ラウンド・プールBの第4戦(東京D)でオーストラリアを7-1で下し、4戦全勝の1位で準々決勝進出を決めた。「3番・DH」の大谷翔平投手は自分の顔が写し出された看板に直撃する特大3ラン。米国のスペイン語紙も大谷のホームランボールを巡り客席で起きた日本らしい粋な計らいについて、「センセーションと称賛の雪崩を引き起こした」と絶賛している。

米国のスペイン語紙も大谷のホームランボールを巡り客席で起きた日本らしい粋な計らいを絶賛【写真:Getty Images】
米国のスペイン語紙も大谷のホームランボールを巡り客席で起きた日本らしい粋な計らいを絶賛【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は12日、1次ラウンド・プールBの第4戦(東京D)でオーストラリアを7-1で下し、4戦全勝の1位で準々決勝進出を決めた。「3番・DH」の大谷翔平投手は自分の顔が写し出された看板に直撃する特大3ラン。米国のスペイン語紙も大谷のホームランボールを巡り客席で起きた日本らしい粋な計らいについて、「センセーションと称賛の雪崩を引き起こした」と絶賛している。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 初回に飛び出した大谷の記念すべきWBC第1号。東京D右中間席の奥にある、自分の顔が大きく写った「セールスフォース」の看板を直撃した。ボールをゲットした女性と付近のファンが順番に手に取って回っていた。それぞれスマホで記念撮影。大谷の歴史的な瞬間をみんなで喜び、最終的に持ち主に戻されたという。

 米国のスペイン語紙「ラ・オピニオン」では、この記念すべき打球の行方に注目した。記事では、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターが試合中のスタンドの様子を伝えた動画を紹介。こう称賛した。

「ショウヘイ・オオタニのホームランボールをキャッチした若い女性が、周りの同胞にも写真撮影できるようにボールを貸し出した時、ファンたちは素晴らしいマナーと敬意を示した。最終的にファンたちは記念球とともに幸せになり、ボールは持ち主の手に戻った」

 記念球を手にした女性の優しさに端を発した一連の日本らしさにも注目。「この事実がSNSでセンセーションを巻き起こし、ポジティブなコメントの雪崩を巻き起こした」とも報じている。その上で「これを見た時に、私の子どもたちにはこのような環境で育ってほしいと願う」「日本は世界最高の国だ」という海外ファンによる数々の称賛も紹介している。

 米国のみならず他の国のメディアにも称賛された出来事。珍しい光景だったようだ。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集