[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ガンコな肩こりを解消させる筋膜ストレッチ そもそも私たちの“肩がこる原因”って?

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「肩こり」について。「THE ANSWER」公式YouTubeチャンネルの動画では、中野トレーナーが提案する「肩こりを解消させる筋膜ストレッチ」を紹介しています。

今回のテーマは「肩こり」について【写真:写真AC】
今回のテーマは「肩こり」について【写真:写真AC】

連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。今回は「肩こり」について。「THE ANSWER」公式YouTubeチャンネルの動画では、中野トレーナーが提案する「肩こりを解消させる筋膜ストレッチ」を紹介しています。

 ◇ ◇ ◇

 肩こりにはストレッチがいい、ということは、皆さんご存じかと思います。でも、仕事前や休憩時間に、サクッと楽になる方法があったら、習慣にもしやすいですよね。そこで今回は、ちょっとした工夫で、素早く、効率的に、ガンコな肩こりが楽になる方法をお伝えしましょう。

 まず、肩こりが起こるメカニズムですが、主に動かしていないことによる血行不良、そして肩回りの筋肉の低筋力が挙げられます。

 体は運動不足により血行不良を起こすと「血液と酸素が足りない!」というSOSを発信。それが痛みとなって現れます。また、三角筋や僧帽筋上部といった首から肩にかけての筋肉は、日々、2、3キロの重さがある腕を支えています。ところが、低筋力になると少ない筋肉量で腕を支えることになり、筋肉にかかる負担が増加。結果、首や肩回りの筋肉に、慢性的な張りやコリが生じるのです。

 しかし、アスリートたちも肩はこります。私のチームがみている五輪代表の選手たちも、試合前日や当日、あるいは競技の直前に「肩がこっているのでほぐしてもらえませんか?」と言ってきます。でも、彼らは運動不足で血行不良を起こしてもいないし、もちろん、低筋力でもありません。

 では、どうしてトップアスリートたちも肩がこるのか? 実は彼らの肩こりの原因は強いプレッシャーによるストレス。そしてこのような「ストレス肩こり」は、アスリートだけでなく、多くの現代人が抱えているのです。

 ストレス肩こりは、僧帽筋上部の緊張が原因といわれています。僧帽筋には上部、中部、下部とありますが、上部は精神的なストレスの影響を受けて硬くなりやすいといわれる、唯一の筋肉。ですから、この辺りの筋肉の緊張が取れれば、こりや疲れも抜けやすいのです。

1 2 3

中野ジェームズ修一

スポーツトレーナー

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球・福原愛、バドミントン・藤井瑞希らの現役時代を支えたほか、プロランナー神野大地、トランポリン競技選手など、多くのトップアスリートから信頼を集める。2014年以降、青山学院大駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。東京・神楽坂に自身が技術責任者を務める会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」がある。主な著書に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集