[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪で胸打たれた国際交流の名場面 日韓台の表彰台自撮りに「五輪はこうあるべき」

東京五輪は8日の閉会式をもって終了する。コロナ禍で行われた今大会、感染対策が強いられた中で五輪らしい、スポーツらしい数々の国際交流が生まれ、話題となった。

アーチェリー男子団体で銅メダルを獲得した、日本代表【写真:Getty Images】
アーチェリー男子団体で銅メダルを獲得した、日本代表【写真:Getty Images】

五輪&スポーツらしい数々の国際交流が話題に

 東京五輪は8日の閉会式をもって終了する。コロナ禍で行われた今大会、感染対策が強いられた中で五輪らしい、スポーツらしい数々の国際交流が生まれ、話題となった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 アーチェリー男子団体で生まれたのはアジア3か国のフレンドシップ。韓国が金メダル、台湾が銀メダル、日本が銅メダルを獲得し、行われた表彰式。韓国の選手が表彰台の真ん中でスマホを掲げ、日本と台湾の3人、韓国の2人も加わり、9人で記念撮影を行った。この出来事は話題を呼び、SNS上のファンは「素晴らしい光景すぎた!」「めちゃくちゃほっこりする」「このシーン可愛かった」「五輪はこうあるべきだよね」と感動が広がった。

 競技特有の交流が話題になったのは陸上男子十種競技。「キング・オブ・アスリート」を決める過酷な競技は、2日間にわたり10種目が行われた。全競技を終えた後、戦い抜いた21選手はトラックに寝転び、上空のドローンカメラに向かって笑顔の集合写真を撮影。過酷ゆえに友好的なコミュニケーションが生まれる競技だが、「この写真は素敵だ」「私のスーパーヒーローたち」「なんて素晴らしい瞬間」と海外ファンも心を打たれた。

 日本選手に対して競技特有の文化を示したのが、空手の女子形決勝。日本の清水希容に勝利し、金メダルを獲得したサンドラ・サンチェス(スペイン)は試合後、まず最初に清水の古川哲也コーチの前で一礼。しっかりと膝をついた後で壇上から降りた。これに日本のファンからは「礼を欠かさず日本人より日本的!」「和の心 素晴らしいですね」「空手への情熱大事にしてる姿」との声が上がり、サンチェスの振る舞いが反響を呼んだ。

 ほかにも多くのスポーツマンシップや交流が生まれた東京五輪の17日間。無観客で行われた大会だったが、テレビ画面を通じてでも忘れられない記憶がいくつも生まれた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集