[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「大迫君の生き様見せて頂いた」 青学大・原晋監督が引退レース労い「マラソンは良い!」

東京五輪は8日、札幌で男子マラソンが行われ、今大会を現役最終レースと位置づけている大迫傑(ナイキ)は2時間10分41秒で6位。日本勢としては12年ロンドン五輪で6位となった中本健太郎以来、9年ぶりの入賞となった。青学大陸上部の原晋監督は自身のツイッターで「大迫君にはこれまでの生き様を見させて頂きました。感動しました」などとつづっている。

男子マラソンで6位入賞を果たし、レースを見守る大迫傑【写真:Getty Images】
男子マラソンで6位入賞を果たし、レースを見守る大迫傑【写真:Getty Images】

東京五輪・男子マラソン

 東京五輪は8日、札幌で男子マラソンが行われ、今大会を現役最終レースと位置づけている大迫傑(ナイキ)は2時間10分41秒で6位。日本勢としては12年ロンドン五輪で6位となった中本健太郎以来、9年ぶりの入賞となった。青学大陸上部の原晋監督は自身のツイッターで「大迫君にはこれまでの生き様を見させて頂きました。感動しました」などとつづっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大迫の引退レースは午前7時、札幌で号砲。リタイアする選手も続出する過酷な状況の中、30キロ過ぎまで先頭集団に付いて行った。その後、8番手に下がるも奮起。2つ順位を上げ、笑顔を見せながらフィニッシュした。レース後のインタビューでは涙を目に浮かべ「100点満点の頑張りができた。こういう状況でしたが、テレビの前でも応援してくれて非常に力になった。ありがとうございました」と感謝を語った。

 原監督はレース後に自身のツイッターを更新。「男子マラソン参加全ての選手お疲れ様! キプチョゲ選手世界NO.1の走りは別次元でした」とつづったあと、「大迫君にはこれまでの生き様を見させて頂きました。感動しました。6位入賞お疲れ様でした。覚悟あるものがその道で輝ける。あらためて感じさせられました。やはりマラソンは良いな!」と記していた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集