[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳三浦龍司、陸上3000m障害で史上初の7位入賞! 日本人49年ぶりの決勝で快挙

東京五輪の陸上は2日、男子3000メートル障害決勝で19歳の三浦龍司(順大)が8分16秒90で7位入賞を果たした。同種目では日本人初の快挙。スフィアヌ・バカリ(モロッコ)が8分8秒90で金メダル。

男子3000m障害決勝で7位入賞を果たした三浦龍司【写真:AP】
男子3000m障害決勝で7位入賞を果たした三浦龍司【写真:AP】

男子3000メートル障害

 東京五輪の陸上は2日、男子3000メートル障害決勝で19歳の三浦龍司(順大)が8分16秒90で7位入賞を果たした。同種目では日本人初の快挙。スフィアヌ・バカリ(モロッコ)が8分8秒90で金メダル。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 三浦は序盤から先頭でレースを進め、アフリカ勢に食らいついていった。半分を切ったあたりからレースはペースアップ。少しずつ先頭集団から遅れ始めた。それでもラスト1周でもなんとか粘り、ラストで前を行く選手を抜き見事に7位でフィニッシュした。

 順大2年の三浦は準決勝で8分9秒92の日本新記録をマーク。自身の持つ日本記録を6秒以上更新し、全体2位で日本人49年ぶりの決勝進出を果たしていた。

 三浦は島根県浜田市出身。3000メートル障害の記録を破り続けている。京都洛南高では3年時に30年ぶりに高校記録を更新すれば、大学進学後も昨年、41年ぶりに日本学生記録を樹立。そして今年5月、18年ぶり日本新を塗り替えれば、6月の日本選手権では転倒しながらも8分15秒99をマーク。1か月前に記録した自身の記録を再び更新していた。

 また昨年の箱根駅伝予選会では、初挑戦のハーフマラソンで1時間1分41秒を記録し、大迫傑が持つU20日本最高記録を10年ぶりに更新。全日本大学駅伝では1区区間新をマークした。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集