[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子100m日本勢3人ともに予選敗退 多田「悔しい」山縣「凄く緊張」小池「これが実力」

東京五輪の陸上は31日、男子100メートル予選が行われ、日本の多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)、小池祐貴(住友電工)はいずれも予選敗退。1日に行われる準決勝に進めなかった。

(左から)多田修平、山縣亮太、小池祐貴【写真:Getty Images】
(左から)多田修平、山縣亮太、小池祐貴【写真:Getty Images】

陸上男子100メートル予選

 東京五輪の陸上は31日、男子100メートル予選が行われ、日本の多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)、小池祐貴(住友電工)はいずれも予選敗退。1日に行われる準決勝に進めなかった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 各組3着以内+タイム上位3人の計24人が準決勝に進む予選。先陣を切り、1組に登場した日本選手権王者・多田は7レーンから武器のスタートで大きなリードを奪えず、中盤以降に失速。10秒22の6着だった。レース後は「自分のレースが全くできなかった。非常に悔しい」と心境を吐露した。

「隣の選手がスタートで出て力んだ。もったいない」と初めての五輪を振り返った多田。「凄く緊張したけど、自分の走りをしないと強い選手じゃない。準決勝は厳しいと思うので鍛え直したい」と語り、「リレーがあるなら、何走かわからないけど、自分の役割を全うしたい」と前を向いた。

 3組に登場し、3大会連続出場となった日本記録保持者の山縣は、7レーンから好スタートを切ったが、加速しきれず。4着で飛び込んだが、自己記録から0秒2遅れる10秒15だった。レース後は「凄く緊張した」と振り返った。

 その原因について「3回目の五輪ですが、こういう大舞台はいつも特別な気持ちがあるので」と山縣。走りについては「まだまだ納得いってない部分ある。スタートからいい流れ作れたら自分のレースになる。次があれば、そこで修正したい」と話していたが、タイムでも弾かれた。

 続く4組に登場した小池は中盤以降加速し、3着争いに食い込んだが、ゴール前で競り負けて4着。10秒22だった。「今できる準備はちゃんとしてきた。結果がこれだったのは実力」とサバサバと話した。

 3着争いは接戦だったが「競り勝てるなと思ったけど、結果、競り勝てなかった。残念です」と小池。「プレッシャーはかからなかったけど、充実した中で準備できた。ここからリレーもあるので、終わってみたら『楽しかったね』という大会にしたい」と切り替えた。

 3人は1932年ロサンゼルス五輪の吉岡隆徳以来、日本人89年ぶり同種目ファイナリストを目指していたが、夢は叶わず。金メダル獲得が期待される400メートルリレーに切り替える。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集