[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

瀬戸大也、地元にケジメをつけて臨んだ五輪 応援会は労い「本当によく頑張った」

東京五輪競泳男子200メートル個人メドレー決勝が30日、東京アクアティクスセンターで行われ、瀬戸大也は1分56秒22で4位。メダルにはわずか0秒05届かなかった。

男子200メートル個人メドレーで惜しくもメダルを逃した瀬戸大也【写真:AP】
男子200メートル個人メドレーで惜しくもメダルを逃した瀬戸大也【写真:AP】

地元のヒーローにエールを送り続ける

 東京五輪競泳男子200メートル個人メドレー決勝が30日、東京アクアティクスセンターで行われ、瀬戸大也は1分56秒22で4位。メダルにはわずか0秒05届かなかった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 地元埼玉・毛呂山町の「瀬戸大也選手を応援する会」の高橋仁志会長は「昨日からだいぶ調子も戻ってきて、0秒05差で惜しくも4位。本人もすっきりしたと言ってましたけど、本当によく頑張った」と最後に意地の泳ぎを見せた瀬戸をねぎらった。

 瀬戸は3歳のころから毛呂山町に住み、流鏑馬の乗り子を務めたり、初代もろやま町観光大使に就任するなど愛着が深い。

 昨年、東京五輪が1年延期となり、女性問題が起きたときも瀬戸を地元は支えた。2013年に設立した会の登録人数は県内外に600人超。「名簿から削ってください」と会員を辞退したのは遠方の2人だけだった。今年2月に復帰した瀬戸は直筆文によるわび状を会員に送った。

 ケジメをつけた瀬戸を地元は支援。瀬戸と同町出身の森さやか選手(ソフトボール代表)に向け、町民からメッセージや写真を募り、1本にまとめた応援動画をYouTubeに公開した。1600人を超える人から応募があった。町の予算から費用を捻出してのぼり旗を作ったり、町内の公共施設に横断幕を掲げて盛り上げた。会では五輪前に放送予定を記した案内も送付。復活を期す地元のヒーローにエールを送り続けた。

 複数金メダルを狙った瀬戸にとっては悔いも残る大会。高橋会長は「勝負の世界ですから」と気にしなかった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集