[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

来日の米紙記者、Uber配達員にもらった折り紙に感激「初めて来た国に歓迎された気分」

23日に開会した東京五輪。大会を取材する米紙「USAトゥデー」の記者は、来日後すぐに体験した日本人からの「思いやり」エピソードを告白。「この国に、私は歓迎されているという気持ちになれました」と感謝している。

米記者が来日すぐに受け取った“歓迎の印”とは【写真:AP】
米記者が来日すぐに受け取った“歓迎の印”とは【写真:AP】

米記者が来日すぐに受け取った“歓迎の印”とは

 23日に開会した東京五輪。大会を取材する米紙「USAトゥデー」の記者は、来日後すぐに体験した日本人からの「思いやり」エピソードを告白。「この国に、私は歓迎されているという気持ちになれました」と感謝している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 同紙が「USAトゥデーのジャーナリストたちとともに東京五輪の舞台裏に迫る」と見出しを打った記事で、日本人の「思いやり」について明かしたのはアレックス・タチク記者だ。来日し、新型コロナ対策の隔離に入った後、深夜に出前サービス「Uber Eats」を利用。その時の出来事をこうレポートした。

「宅配員が到着し、私に食事を届けてくれました。そして『Welcome to Japan(日本へようこそ)』と書かれた折り紙を渡してくれました。素敵な思いやりに、今まで訪れたことのなかったこの国に、私は歓迎されているという気持ちになれました」

 さらに次の日、案内デスクで五輪関係者との会話を終えて歩き出すと、デスクの女性からも折り紙を受け取ったと告白。こうつづっている。

「必要な情報を私にくれただけでなく、ギフトもくれたのです。それを受け取ると、昨夜もらったときと同じ感謝の気持ちが湧いてきました。このユニークな折り紙には、特別な何かがあるようです」

 ツイッターには鶴と手裏剣の折り紙を投稿している。深夜の食事宅配員の「思いやり」は、1人の米記者の心に、きちんと届いたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集