[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大橋悠依に「凄い。本当に驚き」 涙の金に海外記者称賛「支配的パフォーマンス」

東京五輪競泳女子400メートル個人メドレー決勝が25日、東京アクアティクスセンターで行われ、日本記録保持者の大橋悠依(イトマン東進)は4分32秒08で金メダルを獲得した。競泳女子のエースとして期待された25歳。初出場の五輪を全力で泳ぎ切った。海外メディアは「支配的なパフォーマンス」「凄い。本当にアメージング」と称賛している。

400メートル個人メドレー金メダルに拳を突き上げる大橋悠依【写真:AP】
400メートル個人メドレー金メダルに拳を突き上げる大橋悠依【写真:AP】

競泳女子400m個人メドレー

 東京五輪競泳女子400メートル個人メドレー決勝が25日、東京アクアティクスセンターで行われ、日本記録保持者の大橋悠依(イトマン東進)は4分32秒08で金メダルを獲得した。競泳女子のエースとして期待された25歳。初出場の五輪を全力で泳ぎ切った。海外メディアは「支配的なパフォーマンス」「凄い。本当にアメージング」と称賛している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大橋は客席の日本選手団に向け、右手を突き上げて入場。最初のバタフライは3番手で終えた。背泳ぎの50メートルでトップに立つと、平泳ぎに繋いだ。徐々に差を広げ、体1つ抜け出して最後の自由形へ。大きくリードを広げ、後続が追いすがる中、そのまま逃げ切った。

 レース後は拳を突き上げて満面の笑み。表彰式では名前をコールされると、涙を流して両目を拭った。日本のエースが強さを見せ、海外メディアや元選手がツイッターで続々と賛辞を送っている。

 アテネ五輪400メートルリレーの金メダリスト、オーストラリア代表ジャーン・ルーニーさんは「日本にとってなんてワンダフルなことなのでしょう。ユイ・オオハシが開催地日本の競泳で初の金メダル獲得」と投稿。ロイター通信で記者を務め、現在はフリーランスのジャック・タラント氏は「日本にとって初の競泳金メダル。ユイ・オオハシによる支配的なパフォーマンスだった」と称賛した。

 米大手データ会社「ブルームバーグ」のフィオン・リー氏は「最初から最後まで素晴らしい勝利だった」とレース展開に注目。米メディア「SBネーション」の編集者、キャロライン・ダーニー氏は「凄い。オオハシは本当にアメージングなレースを展開した」とつづっている。

 大橋は17年世界選手権は200メートル個人メドレーで日本記録を更新して銀メダル。日本代表の中心選手となり、19年世界選手権も400メートル個人メドレーで銅メダルを手にした。自己ベストは200メートルが2分7秒91、400メートルが4分30秒82でともに日本記録。26日には女子200メートル個人メドレー予選にも出場する。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集