[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

モデル柔道家ビロディド、銅メダル直後の涙にSNS感涙「悔し涙が綺麗」「心も美しい」

東京五輪柔道女子48キロ級が24日、東京・日本武道館で行われた。2018、19年世界選手権女王ダリア・ビロディド(ウクライナ)が3位決定戦でシラ・リショニー(イスラエル)に崩袈裟固で一本勝ちを収め、銅メダルに輝いた。同国の柔道女子では初のメダル獲得。試合後に大粒の涙を流した様子に対し、SNS上の日本人ファンから「悔し涙が綺麗」などと声が上がっている。

東京五輪柔道女子48キロ級で銅メダルを獲得したダリア・ビロディド【写真:AP】
東京五輪柔道女子48キロ級で銅メダルを獲得したダリア・ビロディド【写真:AP】

東京五輪柔道女子48キロ級、ビロディドの涙とは

 東京五輪柔道女子48キロ級が24日、東京・日本武道館で行われた。2018、19年世界選手権女王ダリア・ビロディド(ウクライナ)が3位決定戦でシラ・リショニー(イスラエル)に崩袈裟固で一本勝ちを収め、銅メダルに輝いた。同国の柔道女子では初のメダル獲得。試合後に大粒の涙を流した様子に対し、SNS上の日本人ファンから「悔し涙が綺麗」などと声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ビロディドの目から涙がこぼれ落ちた。銅メダルを獲得。勝利を決めた直後から顔を歪めた。右目から涙がホロリ。金メダルを狙っていたが、準決勝は日本の渡名喜風南に敗れていた。

 ビロディドの涙に対し、ツイッター上の日本人ファンが反応。「カッコ良かった! 柔道、楽しい」「悔し涙かな」「もらい泣きしてしまう」「涙が切ない」「ビロディド選手の試合で思いっきり泣きそうになったわ」「アスリートは中途半端な覚悟で競技をやってない」「心も美しい」「インスタ即フォローした」「悔し涙が綺麗」と、もらい泣きする人もいるようだ。

 2000年10月10日生まれの20歳。48キロ級では珍しい172センチの長身で、19年世界選手権で連覇した。モデル事務所から誘いを受けるなど、海外の有名ファッション誌に多数登場。私服姿などを公開したインスタグラムのフォロワーは34万人を超え、人気を集めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集