[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

オールブラックスが23-13で南ア撃破 屈指の好カード制す、6万超ファンが横浜で熱狂

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、プールBの初戦(横浜国際総合競技場)でニュージーランド(オールブラックス)と南アフリカが激突。優勝候補同士の屈指の好カードは、3連覇がかかるオールブラックスが23-13で勝利し、勝ち点4を獲得した。横浜に詰めかけた6万3649人のファンがハイレベルな一戦に酔いしれた。

オールブラックスが初戦に勝利【写真:荒川祐史】
オールブラックスが初戦に勝利【写真:荒川祐史】

V候補同士の激突はオールブラックスに軍配、1次リーグ無傷の29連勝

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、プールBの初戦(横浜国際総合競技場)でニュージーランド(オールブラックス)と南アフリカが激突。優勝候補同士の屈指の好カードは、3連覇がかかるオールブラックスが23-13で勝利し、勝ち点4を獲得した。横浜に詰めかけた6万3649人のファンがハイレベルな一戦に酔いしれた。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 大会2日目にして実現した強豪同士のマッチアップ。メンバーが読み上げられるだけで、超満員の場内からは大歓声。そしてピッチに両チームのスターターが登場すると、眩いばかりのフラッシュが光った。オールブラックス伝統のハカはド迫力で、割れんばかりの拍手が送られた。

 決勝カードでも違和感のない両者の激突。先手を取ったのは南アフリカだ。前半3分にSOハンドレ・ポラードのPGで3点を先取した。黙ってはいないオールブラックスはSOリッチー・モウンガがPGを決めて追いつくと、23分にはキックパスでの展開からボールをつなぎ、WTBジョージ・ブリッジが中央にトライし勝ち越し。その3分後にも相手のミスを逃さず、最後はLOスコット・バレットがトライを決め、リードを14点に広げ、前半を折り返した。

 後半は南アフリカが反撃を開始する。7分にトライを返すと、さらに猛攻。後半18分にポラードが絶妙なドロップゴール(DG)を決めて4点差に迫る。

 南アフリカがペースを握ったかと思いきや、オールブラックスが底力を発揮する。26分にモウンガが、31分にもFBボーデン・バレットが立て続けにPGを決め、正確なキックで23-13と突き放す。このまま逃げ切り、意地と意地がぶつかり合った一戦は、V3を狙う黒い軍団に軍配が上がった。

 両チームの対戦はこれで99度目。オールブラックスの通算59勝36敗4分となった。W杯ではこれが5戦目で3勝2敗。すべて決勝トーナメントで、1次リーグでは初めての対戦だった。

 またオールブラックスはこれが9度目のW杯だが、1次リーグでは無傷の29連勝。プール戦で負けたことがない唯一のチームだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集