[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の天敵レイドロー、来季トップリーグ入りか 母国報道「W杯で感銘受けた国に」

昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場し、日本の天敵として注目を浴びた元スコットランド代表SHグレイグ・レイドローが、来季から日本のトップリーグでプレーする可能性が浮上した。スコットランドメディアが報じている。

グレイグ・レイドロー【写真:Getty Images】
グレイグ・レイドロー【写真:Getty Images】

W杯で日本を苦しめたスコットランド名手が移籍か、母国メディアが仏紙報道を引用

 昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場し、日本の天敵として注目を浴びた元スコットランド代表SHグレイグ・レイドローが、来季から日本のトップリーグでプレーする可能性が浮上した。スコットランドメディアが報じている。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 日本の天敵としてクローズアップされた34歳のイケメンSHが、来季からトップリーグでプレーするかもしれない。レイドローの移籍を報じたのは、スコットランドのラグビー専門メディア「ジ・オフサイドライン」だった。「グレイグ・レイドローに日本移籍の可能性、フランスメディア報じる」の見出しで報道。フランスのラグビー専門紙「ミディオリンピック」を引用する形で報じ、こう続けている。

「フランスからの『未確認』の報道ではあるものの、グレイグ・レイドローが来季日本でプレーする可能性があるという。新型コロナウイルスによって今季が中止となった場合、日本のラグビーリーグ『トップリーグ』の複数クラブは、陣容強化のためにトップターゲットとしてスコットランド代表の前主将グレイグ・レイドローに目を向けるとみられている」

 記事によると、34歳のレイドローはフランスリーグASMクレルモン・オーヴェルニュとの契約が今夏で満了。今月上旬にはフランス2部のペルピニャンとの契約合意に近づいていたという。しかし、フランスのラグビー専門紙「ミディオリンピック」の報道を引用し「昨年W杯で大きな感銘を受けた国である日本に戻るべく、ある日本のクラブと契約を結んだという」と記している。チーム名は明らかにされていない。

 代表通算76試合で、歴代2位の714得点。W杯2大会に出場し、昨年の日本大会では1次リーグ最終戦で日本と対戦した。キックの名手は“日本の天敵”として戦前からクローズアップされ、イケメンぶりも相まって高い注目度に。21-28で敗れ、敗退が決まった後にはグラウンドで涙を流し、日本のファンからも熱い拍手が送られていた。12月には自身のインスタグラムで代表引退を発表。日本戦がスコットランド代表として最後の試合だった。

 今季のトップリーグは、新型コロナウイルスの影響でリーグ不成立に。来季は、W杯で日本を苦しめた“天敵”が日本代表と共闘するかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集