[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木潤が引退を報告 羽生結弦と同郷同学年の25歳「青春を謳歌し、今を生き抜けた」

昨年12月のフィギュアスケート全日本選手権にも出場した25歳の鈴木潤(北海道大大学院)が自身のツイッターを更新し、競技生活から引退したことを報告した。2度の五輪王者に輝いている羽生結弦(ANA)とは同い年で同郷。21年間のフィギュア人生を振り返り「全力で青春を謳歌し、今を生き抜けました。ありがとう」と感謝をつづっている。

鈴木潤【Getty Images】
鈴木潤【Getty Images】

昨年12月の全日本選手権17位、羽生とは幼少期から競い合った

 昨年12月のフィギュアスケート全日本選手権にも出場した25歳の鈴木潤(北海道大大学院)が自身のツイッターを更新し、競技生活から引退したことを報告した。2度の五輪王者に輝いている羽生結弦(ANA)とは同い年で同郷。21年間のフィギュア人生を振り返り「全力で青春を謳歌し、今を生き抜けました。ありがとう」と感謝をつづっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 21年間のキャリアにピリオドを打った。観客席が無人のスケートリンクをバックに、パーカー姿の鈴木。カメラに笑顔を向けたその表情は、どこか清々しさを感じさせる。

 この写真をツイッターに掲載するとともに、鈴木は引退を報告。「先日、21年間のフィギュアスケート競技人生から引退しました。僕は引退するタイミングが競技生活の中で何度かありましたが、今まで続けてきて、続けさせてもらえて本当に幸せでした。僕のスケートを支えてくれた皆様に感謝しています」とつづった。

 昨年12月の全日本選手権では、合計189.30点で17位だった。宮城県仙台市出身で、高校は北海道札幌南高へ。北海道大から、2018年に北海道大大学院に進学した。羽生や田中刑事らと同じ1994年生まれで、幼少期・ジュニア時代から競い合ってきた。「全力で青春を謳歌し、今を生き抜けました。ありがとう 鈴木潤」と悔いのない競技生活だったことを伝えた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集