[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

有終の福岡堅樹へ、同僚の代表戦士たちが惜別 稲垣啓太「『グッバイ、ケンキ』って」

ラグビーのトップリーグ第2節は18日、豊田スタジアムでトヨタ自動車―パナソニックが行われ、ワールドカップ(W杯)日本代表6人を擁するパナソニックが40-20で開幕2連勝を飾った。この試合後、東京五輪を目指して7人制日本代表に合流する福岡堅樹は終了間際に“有終トライ”を披露。トップリーグ史上最多の観衆3万7050人を最後まで魅了したトライゲッターに対し、チームメートからも続々と惜別のエールが届いた。

パナソニックの福岡堅樹【写真:小倉元司】
パナソニックの福岡堅樹【写真:小倉元司】

今季はパナソニックを離れる福岡にチームメートが続々惜別メッセージ

 ラグビーのトップリーグ第2節は18日、豊田スタジアムでトヨタ自動車―パナソニックが行われ、ワールドカップ(W杯)日本代表6人を擁するパナソニックが40-20で開幕2連勝を飾った。この試合後、東京五輪を目指して7人制日本代表に合流する福岡堅樹は終了間際に“有終トライ”を披露。トップリーグ史上最多の観衆3万7050人を最後まで魅了したトライゲッターに対し、チームメートからも続々と惜別のエールが届いた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 背番号11に観衆の視線が注がれた。リードして迎えた後半37分、相手のパスの乱れに乗じてボールを奪った福岡が中央にトライ。リードを13点に広げ、勝利を決定づける“有終トライ”で15人制の今季ラストゲームを締めくくった。

 パナソニックのチームメートにとっても、特別な瞬間だった。日本代表でも戦ったPR坂手淳史主将は「堅樹らしい、いいトライ。堅樹はアタックだけではなくて、ディフェンス面でも、チェイスでも色々なところで貢献してくれている。いいものを残してくれた。この2試合はほかのWTBも勉強になったと思うし、パナソニックのレベルも上がった。これからは7人制になるが、その選択に関してはみなで応援したい。僕たちはパナで優勝して全員で喜べるように、帰ってきた時に優勝を見せたい。いつでもどこでもチームメンバーの1人です」と呼びかけた。

「福岡を気持ちよく送り出す」。パナソニックがこの試合で定めていたテーマだった。

 日本代表FB松田力也も「堅樹さんの最後の試合というのはわかっていた。ゲームに勝って気持ちよく行ってもらおうと、いい形でつながったんじゃないかと」とうなずいた。開幕の前から2試合戦った時点で、チームを離脱するというのは周知の事実だったという。「最後の集合でもお互いにいい結果を報告し合えるように、チームがいい結果を出し続けて、堅樹さんが心配せず専念できるようにしたい」と“福岡ロス”を払拭し、チームの快進撃を誓っていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集