[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リーチ「勝ったから何言われても大丈夫」 松島&流からの“いじり”にも上から目線

国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、日本代表同士の対決が実現し、リーチは両選手からタックルが「強くない」といじられる一幕もあった。

相手にタックルを受けるリーチ・マイケル【写真:奥井隆史】
相手にタックルを受けるリーチ・マイケル【写真:奥井隆史】

リーチは松島の「変なポーズ」に苦戦? 流「一回倒したので僕の勝ち」

 国内最高峰のラグビーリーグ、ジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)が12日に全国各地で開幕。秩父宮ラグビー場では東芝―サントリー戦が行われ、東芝が26-19で勝利を手にした。東芝はNO8リーチ・マイケル、サントリーはSH流大、FB松島幸太朗が先発。2万1564人の観客が集まった中、日本代表同士の対決が実現し、リーチは両選手からタックルが「強くない」といじられる一幕もあった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 日本代表が名を連ねた一戦。軍配が上がったのはリーチ擁する東芝だった。試合後の取材でリーチは2万人が埋め尽くしたスタンドの光景に「僕はトップリーグに来て9年目。初めての光景だった。W杯が決まって10年かけてファンを増やそうとしてきた。今回増やせたことを嬉しく思う」と幸せをかみしめた。

 試合後は“場外戦”が勃発した。試合中はリーチが松島にタックルを浴びせる場面も。しかし、松島は「(リーチは)トップリーグに向けて肉体改造をしていると言っていたけど、思ったより強くない。もうちょっと期待していたけど、まだ休みボケがあるのかな」とニヤリ。逆に小兵ながらリーチにタックルした流も「もちろん負けたら悔しいけど」とした上で「(リーチは)いいプレーをしていたけど、僕が一回倒したので僕の勝ちもある(笑)」とプライドを覗かせた。

 これを報道陣に伝え聞いたリーチは「チームとして勝ったので何を言われても大丈夫」と堂々と胸を張った。キックオフ前には「松島が変なポーズをしてきた」と“陽動作戦”があったという。「試合に集中しないと、目が合うと笑ってしまう。代表では友達だったけど、しっかり戦った」と勝利で返した。長期間の合宿など日の丸を背負って苦楽をともにしてきただけに、仲間との絆がやや気になったようだ。

 W杯の仲間同士の対決が見られるのもトップリーグの魅力の一つ。松島が「どの試合もレベルの高いプレーをしてMVPを狙える位置でいたい」と言えば、リーチも「まずは東芝で優勝に向けていいプレーをしたい。代表へはもう一回、ゼロからのスタート」と火花を散らした。

 サントリーは18日の第2節でNTTコム(秩父宮)と、東芝はNTTドコモ(花園)と対戦する。今季は5月9日の最終15節まで16チームによる総当たりのリーグ戦で優勝を争う。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集