[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、待望ビッグマッチへ アラム氏明言「カネロ、GGGと東京ドームでできれば」

ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回TKO勝ちし、初防衛に成功した。村田をプロモートするトップランク社のボブ・アラムCEOは「ミドル級の大きな試合を用意していきたい」と明言し、2020年に東京ドームで、カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)らとの激突というビッグプランをぶち上げた。

5回TKO勝ちし、初防衛に成功した村田諒太【写真:荒川祐史】
5回TKO勝ちし、初防衛に成功した村田諒太【写真:荒川祐史】

カネロ、ゴロフキン陣営の関係者も村田の会見に同席

 ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回TKO勝ちし、初防衛に成功した。村田をプロモートするトップランク社のボブ・アラムCEOは「ミドル級の大きな試合を用意していきたい」と明言し、2020年に東京ドームで、カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)らとの激突というビッグプランをぶち上げた。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 試合後に村田と並んで会見したアラム氏。「素晴らしいファイトだった」と称えた後、「ミドル級の大きな大会を用意していきたい」と明言した。

 さらに「カネロや、GGG(ゴロフキン)…、今もくろんでいるのは東京オリンピックの前に東京ドームで開催できればいい。日本に来たいと言っている選手がいる」とより具体的なプランにも言及した。

 カネロをプロモートするゴールデンボーイプロモーションのロベルト・ディアス氏も同席。アラム氏に追従する形で「カネロがぜひ日本でやりたいと言っている。楽しみです。年明けすぐにでも本格的な交渉に入りたい」と、カネロ―村田戦実現への動きを口にした。

 試合後にリング上で「勝った後は気が大きくなっているんで、あまり言うことじゃないけど……」としながら「皆さん、(井上)尚弥の試合を見て思ったと思うけど、リアルと戦ってほしいと思うんですよ。なので、会長! リアルな試合お願いします!」と、さらなるビッグマッチを求めていた村田。待ちに待った超強豪との激突に大きく前進したのは確かだ。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集