[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V3のクロフォード、苦戦を一蹴「反撃しただろ」 次は統一戦か「誰からも逃げない」

ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチが15日、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、全勝の3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が同級1位エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)に9回TKO勝ちした。五輪2度出場の実力者を下し、3度目の防衛に成功。スーパーライト級で主要4団体の王座を統一した32歳が強さを見せつけた。

テレンス・クロフォード【写真:Getty Images】
テレンス・クロフォード【写真:Getty Images】

WBO世界ウエルター級王座、V3のクロフォードは序盤ヒヤリ「ダメージなんてない」

 ボクシングのWBO世界ウエルター級タイトルマッチが15日、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、全勝の3階級制覇王者テレンス・クロフォード(米国)が同級1位エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)に9回TKO勝ちした。五輪2度出場の実力者を下し、3度目の防衛に成功。スーパーライト級で主要4団体の王座を統一した32歳が強さを見せつけた。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 序盤は相手の様子を見る展開だったが、2回に挑戦者の右フックがクロフォードを捉えた。3回にもカバラウスカスの右を受けたクロフォード。ダウンしたかに見えたが、スリップの判定となった。ペースをつかめない王者は、長いリーチを生かしたボディーなどで応戦した。

 本領を発揮したのは7回だ。クロフォードは接近戦からカウンター気味に右を振り抜いた。挑戦者の顔面を捉える一撃。相手は膝をついてダウンした。再開後もラッシュでダメージを与える。9回も左ストレートでロープに詰め、右アッパーでダウンを奪うと、再開直後にも右フックを決めてとどめを刺した。

 リング上でのインタビューでは、2回に受けたパンチについて問われたが「ダメージなんてない。その後に反撃しただろ」と一蹴。反撃に時間を要し「サウスポーからスイッチするのに時間がかかった」と振り返った。9回の左ストレートには、「その前のラウンドでコーチにさっさと攻め込めと言われていた。クリーンショットが打てるからと。打った時にダメージが彼にあった」と手応えがあったという。

 この試合まで35戦全勝26KO、ライト級、スーパーライト級、ウェルター級の3階級を制覇した王者クロフォード。今後はWBC・IBF同級王者エロース・スペンスとの統一戦や、ミドル級への殴り込みなどが期待される。「ベストな人と戦いたい。それだけだ。誰の名前を言うまでもない。誰の挑戦からも逃げない。トップランクの指示を待つ。とにかくトップクラスの奴なら誰でもやりたい」と強者を歓迎した。

 体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したパウンド・フォー・パウンド(PFP)では、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、サウル・アルバレス(メキシコ)、井上尚弥(大橋)に次ぐ4位につけていた。この試合の結果を受けて変動する可能性がある。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集