[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界15位に大健闘 高校王者の18歳奈良岡功大は手応え「A代表に良い試合、自信に」

第73回全日本総合バドミントン選手権大会は、29日に駒沢体育館で各種目の準々決勝を行い、男子シングルスに出場したインターハイ王者の奈良岡功大(浪岡高校)は、1-2(7-21、21-19、13-21)で日本A代表の西本拳太(トナミ運輸)に敗れてベスト8で敗退したが、世界ランク15位を苦しめる大健闘で、潜在能力の高さを証明した。手応え十分の奈良岡は「中学生のときは多分、1ケタしか点を取れずに負けたけど、今日は良い試合ができて良かった。西本選手はすごく強かったけど、やってきたことすべてをやろうと思って臨んだ。A代表を相手に良い試合ができて自信になる。この後の国際大会で優勝できるように頑張りたい」と笑顔で試合を振り返った。

奈良岡功大【写真:平野貴也】
奈良岡功大【写真:平野貴也】

全日本選手権準々決勝、高校王者の奈良岡が、A代表の西本に健闘

 第73回全日本総合バドミントン選手権大会は、29日に駒沢体育館で各種目の準々決勝を行い、男子シングルスに出場したインターハイ王者の奈良岡功大(浪岡高校)は、1-2(7-21、21-19、13-21)で日本A代表の西本拳太(トナミ運輸)に敗れてベスト8で敗退したが、世界ランク15位を苦しめる大健闘で、潜在能力の高さを証明した。手応え十分の奈良岡は「中学生のときは多分、1ケタしか点を取れずに負けたけど、今日は良い試合ができて良かった。西本選手はすごく強かったけど、やってきたことすべてをやろうと思って臨んだ。A代表を相手に良い試合ができて自信になる。この後の国際大会で優勝できるように頑張りたい」と笑顔で試合を振り返った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 第1ゲームは、7-21。あっさりと取られる形になったが、奈良岡の失点の多くは「アウト」によるもの。相手に決められる展開だったというより、低い球や厳しいコースを狙った結果、コートを外れて失点になることが多かった印象だ。奈良岡は「いつもどおりに試合に入ったら、すごく良い球が来た」と慣れるまでに時間がかかり、流れをつかめなかった。

 しかし、第2ゲームでは、スピードを一気に上げて反撃。速いフットワークでシャトルの落下点に入り、高精度の球をネット前に落としていった。身長が高い西本の強打を避ける意味合いもあったというが、ネット前に落とした後、ネット前に立ってプレッシャーをかけるなど、積極的に主導権を握りにいった。

 時折、胸元の球に柔らかくラケットの面を入れ込むようなスイングからトリッキーなショットも見せ、11-4とリード。一気にスピードを上げたため、途中から息遣いが荒くなったが、足を止めることなく、終盤は粘って相手のミスを誘い、18-19から再逆転で21-19として勝負をファイナルゲームに持ち込んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集