[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「KIRYU」の名が世界に轟く! 日本人初の「9.98の衝撃」を海外メディアも特集

「KIRYU」の名が世界に轟く! 日本人初の「9.98の衝撃」を海外メディアも特集

陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が9秒98で優勝。日本人初の9秒台という歴史的快挙は海外メディアも続々と速報している。

ついに飛び出した9秒台の金字塔…桐生が19年ぶりに日本記録を更新

 陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が9秒98で優勝。日本人初の9秒台という歴史的快挙は海外メディアも続々と速報している。

 カルチョ(サッカー)を中心にスポーツ報道を行うイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」電子版は、「陸上:キリュウが今季最後の100mで日本史上初となる10秒台を破る」と見出しを立てて報じている。

 記事では、これまでの最速記録が1998年にマークされた伊東浩司氏の10秒00だったことも紹介。日本人にとって厚い壁が19年ぶりに破られ、「リオ五輪のリレーで銀メダルに輝いた21歳が今年最後の大会で日本新記録を打ち立てる」と衝撃を伝えた。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」電子版も「ヨシヒデ・キリュウが10秒のバリアを破る日本人初のスプリンターに」と速報。英紙「デイリー・メール」電子版も、「キリュウが100メートル10秒を突破した最初の日本人になった」と称えている。

 ついに飛び出した念願の9秒台。「世界のKIRYU」の偉業は、海を渡って強烈なインパクトを放った。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー