[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

続投ジョセフ氏、“フラれた”NZ協会幹部が粋なエール「我々は祝福し幸運を祈る」

日本ラグビーフットボール協会はラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強に導いたジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)の契約更新を発表。ジョセフ氏は母国のニュージーランド代表HCの後任候補に挙がっていたが幻に。スティーブ・ハンセンHCの有力後継者を失った格好となったNZラグビー協会会長が異例のエールを送り、海外で話題となっている。ニュージーランドメディア「stuff」が報じている。

ジェイミー・ジョセフHC【写真:荒川祐史】
ジェイミー・ジョセフHC【写真:荒川祐史】

2023年までの続投が決まったジョセフHCをNZ協会幹部がエール

 日本ラグビーフットボール協会はラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で8強に導いたジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)の契約更新を発表。ジョセフ氏は母国のニュージーランド代表HCの後任候補に挙がっていたが幻に。スティーブ・ハンセンHCの有力後継者を失った格好となったNZラグビー協会会長が異例のエールを送り、海外で話題となっている。ニュージーランドメディア「stuff」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 W杯日本大会で3連覇を逃し、3位に終わったオールブラックス。同国協会では今大会後のハンセンHC退任に伴う後任探しを現在進めており、日本を史上初の8強進出に導いたNZ出身のジェイミー氏も有力候補の一角だった。

 しかし日本協会は2023年までのジェイミー続投を発表。これを受けて、地元メディアも「後任監督のレースは目玉を失った」と報じる事態となったが、NZラグビー協会のブレント・インペイ会長は異例の声明を発表したという。

「ブレイブ・ブロッサムズの監督続投となったジェイミーを我々は祝福し、幸運を祈る。我々は彼の決断と、指導者としての能力を尊敬している」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集