[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

摂食障害告白のゴールドが全米復帰 母国五輪女王ら歓喜「あなたはアメージング」

フィギュアスケートの米国東部地区選手権は16日(日本時間17日)、女子フリーが行われ、14年ソチ五輪団体銅メダリストの元全米女王グレイシー・ゴールドが109.90点、合計173.45点で3位に入り、3年ぶりに全米選手権の出場資格を満たした。摂食障害、うつ病などと闘いながらカムバックを果たし、試合後は歓喜の様子を自身のインスタグラムに公開。ファンから祝福が相次いでいたが、母国の五輪女王ら先輩、後輩スケーターからも歓喜の声が届いている。

グレイシー・ゴールド【写真:Getty images】
グレイシー・ゴールド【写真:Getty images】

3年ぶり全米選手権出場切符、デイヴィス、チョックら母国スケーターが反応

 フィギュアスケートの米国東部地区選手権は16日(日本時間17日)、女子フリーが行われ、14年ソチ五輪団体銅メダリストの元全米女王グレイシー・ゴールドが109.90点、合計173.45点で3位に入り、3年ぶりに全米選手権の出場資格を満たした。摂食障害、うつ病などと闘いながらカムバックを果たし、試合後は歓喜の様子を自身のインスタグラムに公開。ファンから祝福が相次いでいたが、母国の五輪女王ら先輩、後輩スケーターからも歓喜の声が届いている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 米フィギュア界で一時代を築いた女王が復活の第一歩だ。この日行われた大会で3位に入ったゴールド。これにより、全米選手権出場の資格を満たした。試合後、自身のインスタグラムでは「銅メダル:この秋はとてもホット」とつづり、喜びの様子を公開した。

 鮮やかなブルーの衣装姿のまま胸に銅メダルを提げたゴールド。髪をアップにした表情には満面の笑みが浮かび、コーチらと肩を組み、喜びを分かち合っている。投稿には「とても幸せそう。その笑顔が大好き」「素晴らしいカムバック物語だ」などと歓喜のコメントが相次いでいたが、米国のスケーターも反応している。

 ソチ五輪のアイスダンスを制したメリル・デイヴィス、今年の四大陸選手権でアイスダンスを制したマディソン・チョックはハートの絵文字付きで祝福。ジュニア選手のララ・アナンジアータも「あなたはアメージングでした、おめでとうございます」と祝福のメッセージを書き込んだ。

 全米選手権を2度制し、14年ソチ五輪団体で銅メダル獲得に貢献したゴールドは17-18年シーズンからうつ病、不安障害、摂食障害のために戦線を離れた。昨年のグランプリ(GP)シリーズのロシア杯で復帰したものの、ショートプログラム(SP)のみでフリーは棄権。年明けには米メディアのインタビューでうつ病による自殺願望とも闘っていたことを明かしていた。

 懸命なリハビリで戻ってきたリンクで復活の第一歩をしるしたゴールド。全米選手権は6位だった16年大会以来、実に3年ぶりとなる。無事に出場できれば、米国のトップ選手が集まる舞台でどんな演技を見せてくれるのか。世界のフィギュアファンにとっても楽しみな大会となりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集