[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上拓真、判定負けで王座統一失敗 兄・尚弥に勝利のバトン繋げず、14戦目で初黒星

ボクシングのWBC世界バンタム級王座統一戦が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、暫定王者・井上拓真(大橋)と正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)が激突。拓真は0-3の判定で敗れ、デビューから14戦目で初黒星。王座統一に失敗し、兄のWBA&IBF同級王者・尚弥へと勝利のバトンはつなげなかった。

井上拓真はウーバーリと対戦【写真:荒川祐史】
井上拓真はウーバーリと対戦【写真:荒川祐史】

WBCバンタム級王座統一戦

 ボクシングのWBC世界バンタム級王座統一戦が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、暫定王者・井上拓真(大橋)と正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)が激突。拓真は0-3の判定で敗れ、デビューから14戦目で初黒星。王座統一に失敗し、兄のWBA&IBF同級王者・尚弥へと勝利のバトンはつなげなかった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 初の兄弟ダブル世界戦。兄・尚弥の直前、セミファイナルのリングに上がった拓真だったが、難敵ウーバーリの前に屈した。

 無敗同士の統一戦。1回は静かな立ち上がり、拓真は右のショートを当てて超満員の観衆が沸く。技術戦の様相を呈すが、3回にはウーバーリーの左がクリーンヒット。ロープに詰められ、被弾するシーンが続く。カウンターを狙いたい場面だが、ウーバーリも巧みに距離を取り、反撃できない。

 4回には左ストレートをもろにもらい。たまらず尻餅。それでも立ち上がり、会場からの“拓真コール”にも押され、なんとか踏ん張る。ここまでの採点ではジャッジ3者がいずれもウーバーリを支持する展開となった。

 なかなか反撃の糸口を掴めない拓真。カウンター気味の右を何度かヒットさせるが、単発で大きなダメージは与えられない。ややペースダウンしたウーバーリに決定打も浴びるシーンはなかったが、8回終了時点でもジャッジ3者が正規王者を支持する展開は変わらなかった。

 倒さなければ勝機のなくなった拓真だが、キャリアで上回る相手に前進を阻まれ手数が出ない。12回にはダウン寸前まで追い込むも、倒しきることはできず。判定決着となったが、0-3の大差判定負けで王座統一はならなかった。

 2歳上の尚弥の後を追い、ボクシングを始めた拓真。父・真吾トレーナーの指導を受け、2013年のプロデビュー。5戦目で東洋太平洋王座を獲得。16年12月には初めての世界挑戦が決まっていたが、練習中に右こぶしを痛め中止となる憂き目も味わっていた。

 それでも昨年12月30日にペッチ・CPフレッシュマート(タイ)とWBC世界バンタム級暫定王座決定戦に臨み、3-0の判定で暫定王座を獲得。以来、312日ぶりの試合では「兄にバトンをつなぐ」と意気込んでいたが、ベルトを失ってしまった。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集