[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、宿敵ドネアと70日ぶり対面 「やることはやった。不安材料はない」と自信

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝などの予備検診が4日、都内のホテルで行われ、両者とも異常なしと診断された。メインイベントを務めるWBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)は身長164.5センチ、リーチ171.0センチ、首回り34.5センチ、胸囲89.5センチ。対戦相手のWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)は身長170.2センチ、リーチ174.0センチ、首回り36.0センチ、胸囲87.0センチだった。

予備検診を終えポーズをとる井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】
予備検診を終えポーズをとる井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】

「11・7」WBSSバンタム級決勝の予備検診実施、決戦まであと3日

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝などの予備検診が4日、都内のホテルで行われ、両者とも異常なしと診断された。メインイベントを務めるWBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(大橋)は身長164.5センチ、リーチ171.0センチ、首回り34.5センチ、胸囲89.5センチ。対戦相手のWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)は身長170.2センチ、リーチ174.0センチ、首回り36.0センチ、胸囲87.0センチだった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 2人は8月26日の決勝発表会見以来、70日ぶりの対面。井上は「印象は変わらず、お互いに小さくなったかな。対面はしているのでイメージは変わらずです」と語った。「体重も仕上がっている。疲れを抜いて当日に仕上げたい。やることはやったし、不安材料はない」と7日の決勝を見据えた。

 井上は、昨年10月の初戦でフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に70秒KO勝ち。5月の準決勝でも、無敗のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOでリングに沈めた。

 18勝16KOで世界3階級を制した井上に対し、フライ級からフェザー級まで世界5階級を制したドネアは通算戦績40勝26KO5敗、バンタム級では5勝4KO。久しぶりの対面に「印象は変わらないが、とても整った状態で迎えられて嬉しく感じる」とコメントした。

 本場・米国で数々のビッグマッチを制してきたドネア。昨年11月の初戦でライアン・バーネット(英国)を下し、WBAスーパー王座を奪取すると、4月の準決勝でもステファン・ヤング(米国)を左フックでなぎ倒した。「フィリピンの閃光」と称される一撃必殺の左フックは36歳になっても健在。10歳年下の井上にとって過去最強の相手となる。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集