[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奥原希望、初の世界ランク1位も…「物足りなさを感じている」と語る理由は

バドミントン日本代表が29日、欧州遠征から帰国した。女子シングルスの奥原希望(太陽ホールディングス)は、デンマークオープンで準優勝。続くフランスオープンは2回戦で敗退したが、世界ランク1位のタイ・ツーイン(台湾)がランキングポイントを上乗せできなかったため、29日更新の世界ランクで上回り、初めて1位となる。

欧州遠征から帰国した奥原希望【写真:平野貴也】
欧州遠征から帰国した奥原希望【写真:平野貴也】

欧州遠征から帰国、奥原は29日更新の世界ランクで1位に昇格

 バドミントン日本代表が29日、欧州遠征から帰国した。女子シングルスの奥原希望(太陽ホールディングス)は、デンマークオープンで準優勝。続くフランスオープンは2回戦で敗退したが、世界ランク1位のタイ・ツーイン(台湾)がランキングポイントを上乗せできなかったため、29日更新の世界ランクで上回り、初めて1位となる。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 山口茜(再春館製薬所)に続き、同種目で日本選手2人目となる快挙だが、奥原は「目標の一つでもあったので嬉しい気持ちはもちろんあるけど、タイトルを取れていない中での1位は、喜び切れないというか、心の中で歯がゆさがあるというか、物足りなさを感じている。まだまだ、堂々と世界ランク1位と胸を張れない」と正直な気持ちを語った。

 奥原は、2016年リオデジャネイロ五輪で3位。シングルス種目で日本勢初となるメダルを獲得した。翌17年には世界選手権で初優勝。世界のトップを争う存在だ。1位、優勝に対するこだわりは、強い。今夏の世界選手権でも銀メダルを獲得しており、強さを見せているが、今季の個人戦では、優勝がない。「デンマークオープンは、決勝まで進めたけど、またタイトルを取れずにタイ・ツーイン選手に負けてしまって、また2位か……という悔しい思いがあった」と話すなど、結果には満足していない。

 一方、今季から実業団を離れてプロとして活動する中で、最大の目標とする2020年東京五輪に向けては、着実に手応えを得ている。欧州遠征2大会では、ともにリオ五輪金メダルのキャロリーナ・マリン(スペイン)と対戦し、1勝1敗。スピード感のあるプレーが持ち味の相手に、持ち味のフットワークで対抗してみせた。「(長期の負傷欠場から)完全にカムバックしてきたマリン選手と、彼女の持ち味である速い展開のスピードでやりあえた。相手の土俵で戦えたことは、すごく自信になる。マリン選手のスピードが速いからといって、ほかの部分で戦おうとするのでなく、今は、そこ(速さ勝負)で戦うことが、私にとってプラス」と話し、敗れた試合も含めて収穫を得た。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集