[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、南半球最強決定戦の参戦具体化 英誌にWR幹部が明言「2021年が目標」

WRのピチョット副会長が明言「来年には許可が下りることを希望」

 その中で元アルゼンチン代表SHで、現在は国際統括団体ワールドラグビーの副会長を務めるアガスティン・ピチョット氏の発言も紹介している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

「今後6か月以内に戦略的な計画を打ち立て、来年には許可が下りることを希望している。そして、2021年の参戦が素晴らしい目標となるだろう。日本はアルゼンチン以上の偉業を数多く成し遂げている」

 ラグビーチャンピオンシップは1996年にトライネイションズとして発足したが、2012年から進境著しいアルゼンチンが参戦し、現在の形となった。今大会の日本の快進撃を考慮すれば、十分に参戦の資格があると高く評価されていた。

 日本にとっても強豪国との定期的なマッチアップは、魅力的な強化の機会だろう。2年後の2021年に、南半球の強豪としのぎを削る姿が当たり前になるかもしれない。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集