[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山、3位発進で1万8000人観衆魅了 首位ウッズとV争いも冷静「まぁ別にって感じ」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で開幕した。日本人最多ツアー5勝の松山英樹(LEXUS)は、7バーディー、2ボギーの65で回り、首位と1打差の5アンダーで3位と好発進した。昨年11月のダンロップ・フェニックス以来1年ぶりの日本開催ツアーに出場。13年ぶりに日本でプレーする米ツアー歴代2位の81勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)、ゲーリー・ウッドランド(米国)を1打差で追う。

首位と1打差の5アンダーで3位発進となった松山英樹【写真:荒川祐史】
首位と1打差の5アンダーで3位発進となった松山英樹【写真:荒川祐史】

1年ぶり凱旋の松山、初開催の米ツアーの雰囲気に「3年前の日本オープンと同じよう」

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で開幕した。日本人最多ツアー5勝の松山英樹(LEXUS)は、7バーディー、2ボギーの65で回り、首位と1打差の5アンダーで3位と好発進した。昨年11月のダンロップ・フェニックス以来1年ぶりの日本開催ツアーに出場。13年ぶりに日本でプレーする米ツアー歴代2位の81勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)、ゲーリー・ウッドランド(米国)を1打差で追う。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 スタートの1番パー4でバーディー発進すると、3番パー3でも1つ伸ばす。5、6番でも連続バーディーを奪い、4アンダーで一時単独首位に立った。7番パー3では残り1メートル半を外す3パットでボギーとしたが、10番パー4の第2打をピン手前約50センチにつける。好ショットにファンは拍手喝采だったが、表情一つ変えずに冷静にバーディーを奪った。

 15番でも伸ばしたが、17番でボギー。最終18番、大ギャラリーの前でバーディーを奪い、5アンダーで初日を終えた。この日は1万8536人のファンが集結し「ギャラリーの方の力じゃないですかね。名前を呼んでいただけるだけで嬉しかった。こんなにギャラリーが入ることもないし、それだけで嬉しかった。調子は良くなかったけど、たくさんのギャラリーの方々のおかげで伸ばすことができました」と感謝した。

 パットの感触について「どうですかね。フィーリングはよくないけど、ぼちぼち入っていて良い感じかな」と話し、ドライバーショットについては「悪くはない。最近では一番いいと思うティーショットが林に1回も入らなかったことが大きい」と振り返った。日本初開催の米ツアーには「日頃、米国でやっているけど、そのままPGAが来たって感じ。凄くやりやすいです」と喜んだ。

 米ツアー6勝目に立ちはだかるのは、2006年11月のダンロップ・フェニックス以来4722日ぶりに日本開催ツアー出場となったウッズだ。憧れの存在を追う展開についての心境を問われたが「まぁ、別にって感じですかね」と自分のプレーに集中するつもりのようだ。

「凄くいい位置かと思う。今日ももったいないところはあったので、修正していきたい。明日もこれを続けられるように頑張りたい。(今大会は)3年前の日本オープンと同じような雰囲気。あの時もアダム(スコット)と一緒に回ったし、同じような雰囲気だなと思う」

 2016年日本オープンは国内メジャー初優勝で、集まったファンを盛り上げた。あの時、優勝カップを掲げたように凱旋Vを果たせるか。ウッズら世界と戦う姿を届ける。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集