[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁が真価を発揮するエリアとは? 米記者がW杯を回顧「苦戦を強いられた理由は…」

八村が本当に力を発揮する場所は「ミドルレンジ」

 八村は米国戦で4得点のみに抑えられた。ヒューズ記者は八村が活躍できなかった要因の一つに、同試合での彼のプレーエリアを挙げ、「日本はその強みを生かしていなかった」と分析した。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

「ルイが苦戦を強いられた主な要因は、スクリーンをしてピック・アンド・ロールを求められたからだろう。それは明らかに彼のスタイルではない」

 その上で同氏は、八村が本当に力を発揮する場所はミドルレンジだと断言する。

「サマーリーグでは、ボールを受けてミドルレンジで活躍していた。オープンな状態であれば3ポイントも打てるが、リングから10フィートくらい離れたところが最も機能するし、彼の多才さが見られる。彼は(米国戦で)そのエリアでプレーできなかった」

 米国戦では厳しいマークと、不慣れな役割に苦しんだ八村。ウィザーズでは、得意とするミドルレンジでのプレーが、番記者からも期待されているようだ。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集