[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トルソワが連発、4回転を女子SPで解禁すべき? ヤグディン氏が見解「時が経てば…」

フィギュアスケートのネペラメモリアルはシニアの国際大会デビュー戦となった15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がフリーで163.78点、合計238.69点というダブル世界最高得点を叩き出し、優勝した。従来のアリーナ・ザギトワ(ロシア)の記録をともに更新。原動力となったのは、1つの演技で4回転ジャンプを3本決めるという女子初の偉業だ。母国ロシアのソルトレイクシティ五輪アレクセイ・ヤグディン氏は女子SPで4回転ジャンプを解禁すべきかについて、持論を語っている。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

トルソワはフリーで女子初の3本成功、元五輪王者が母国メディアで持論

 フィギュアスケートのネペラメモリアルはシニアの国際大会デビュー戦となった15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がフリーで163.78点、合計238.69点というダブル世界最高得点を叩き出し、優勝した。従来のアリーナ・ザギトワ(ロシア)の記録をともに更新。原動力となったのは、1つの演技で4回転ジャンプを3本決めるという女子初の偉業だ。母国ロシアのソルトレイクシティ五輪アレクセイ・ヤグディン氏は女子SPで4回転ジャンプを解禁すべきかについて、持論を語っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 15歳の衝撃的なシニアデビューを受け、ロシアメディア「russian.rt.com」のインタビューに登場したヤグディン氏。トルソワが持つポテンシャルについて絶賛しながら、演技自体の評価に話が及んだ。インタビュアーからはこんな質問を受けた。

「4回転ジャンプと関係なく、トルソワのスケートと彼女のプログラムをどう評価できますか? 構成点の各項目で8点強を獲得。これは立派なことですか? それとも、まだ彼女は昨季までのジュニア選手としてジャッジされているのですか?」。すると、ヤグディン氏は「そうですね。今のところ、慎重にジャッジされています」と回答。「でも、いつもそうでした。ジャッジは彼女に慣れなければなりません。内容を見極めて、彼女の作品に満たされて」と正当な評価が下されるように求めた。

 その上で「おそらく、ジュニアから上がってきた選手たちは、まさに大人のスケートという点においてザギトワやメドベージェワ、トゥクタミシェワに劣るでしょう。しかし、ひとシーズンが過ぎればその差は縮まるでしょう」と今後の成長に期待した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集