[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の「一番大きな弱点」とは 不敵に笑うチェコ記者を突撃「勝つのはチェコだよ」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で黒星発進した世界ランク48位の日本は3日、2次リーグ進出を懸けて同24位・チェコと第2戦を行う。1日には日本はトルコに、チェコは米国に敗北。ともに今大会初勝利が欲しいだけに絶対に負けられない戦いだ。

トルコ戦では徹底マークにあった、八村塁【写真:Getty Images】
トルコ戦では徹底マークにあった、八村塁【写真:Getty Images】

1次リーグ突破へ第2戦チェコ、ライバル国レポーターが挙げる日本の弱点とは

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で黒星発進した世界ランク48位の日本は3日、2次リーグ進出を懸けて同24位・チェコと第2戦を行う。1日には日本はトルコに、チェコは米国に敗北。ともに今大会初勝利が欲しいだけに絶対に負けられない戦いだ。現地では、チェコの国営局「チェコテレビ」でレポーター兼ウェブサイトの編集長を務めるイジー・カレンバ氏が「THE ANSWER」の取材に応じ、日本の弱点を指摘している。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 カレンバ氏自身も12歳から34歳までプレー。レポーターとして13年取材をし、コメンテーターも経験した。普段はユーロリーグ、NBA、チェコリーグなどに足を運び、NBAのウィザーズからブルズに移籍した母国のスターPGトマシュ・サトランスキーらを追いかけてきた。経験豊富なレポーターの目には、トルコに敗れた日本の姿はどう映っただろうか。

「試合はもちろん見ていたよ。アップテンポなゲームだった。前半のトルコのシュートは素晴らしかった。日本の選手にとってはタフだっただろう。個人的なスキルもトルコの方が優れていた。オスマンやイリヤソバなどね。彼らを止めることはできないように思えた」

 06年大会以降、10年の準優勝を含め全て8強入りしているトルコは、NBA選手3人を擁した。昨季キャバリアーズで76試合に出場したSFジェディ・オスマン、主力フォワードのPFアーサン・イリヤソバ(バックス)が日本を圧倒。日本の大黒柱である八村塁(ウィザーズ)を徹底マークし、代表自己最少の15得点と仕事をさせなかった。

「ハチムラへのディフェンスも良かった。だから、日本にとってはタフだったと思う。彼は前半、あまり活躍することができなかったからね。彼はマークされていた。彼は自分のパフォーマンスに落胆していたかもしれない」

 ただ、八村は第2Q残り39秒には自らスティールすると、左手で豪快なワンハンドダンクを叩き込んで咆哮。中国ファンも歓喜させるド迫力の一撃は、大会第2日のベストプレーの一つに選出され、3位にランクされていた。カレンバ氏も「彼はイリヤソバの上からダンクを決めた。大きなハイライトだったと思う」とNBAドラフト1巡目指名の実力を評価した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集