[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、日本人初豪華ベルト5本をお披露目 量産に意欲「もっと増やしていきたい」

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が25日、横浜市内で会見し、世界ベルト5本をお披露目した。5月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)同級準決勝では、米国で最も権威のあるボクシング専門誌「ザ・リング」認定ベルトが懸けられ、井上は2回TKO勝ちでエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)からIBF王座を奪取。主要4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)と同誌認定ベルトを合わせた5本を制覇したのは日本人初の快挙だった。

井上尚弥【写真:浜田洋平】
井上尚弥【写真:浜田洋平】

主要4団体と「ザ・リング」認定ベルトを初披露

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が25日、横浜市内で会見し、世界ベルト5本をお披露目した。5月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)同級準決勝では、米国で最も権威のあるボクシング専門誌「ザ・リング」認定ベルトが懸けられ、井上は2回TKO勝ちでエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)からIBF王座を奪取。主要4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)と同誌認定ベルトを合わせた5本を制覇したのは日本人初の快挙だった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 圧巻の光景だった。両腕で重そうに5本のベルトを抱え上げた井上。「自分もこうして並べたのは初めて。歴史を作ったことを感じました。どのタイトルも思い出ありますし、またこれからもっとベルトを増やしていきたいと思っているので」と新たなベルト獲得へ思いをはせた。

 2014年4月にWBCライトフライ級、14年12月にWBOスーパーフライ級、18年5月にWBAバンタム級の王座を奪取。豪華な世界王者の勲章を前に喜びを語った。

 今秋開催予定のWBSS決勝、5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)戦に向けて、すでに練習を再開。アジア勢で初めて主要4団体制覇したドネアとの大一番へ「もう次の相手が決まっているので、どう戦うか考えながら練習をしていきたいですね」と気合を入れた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集